ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
経験不足を作戦で補う、S耐最終戦岡山Audi Team DreamDrive Noahレースレポート

経験不足を作戦で補う、S耐最終戦岡山Audi Team DreamDrive Noahレースレポート

ピレリスーパー耐久シリーズ2018(S耐)に参戦するAudi Team DreamDrive Noahの「m-1 CARFACTORY RS3 LMS」は、11月3〜4日に岡山国際サーキット(岡山県)で開催されたシリーズ第6戦(最終戦)「スーパー耐久レースin岡山」のST-TCRクラス(全8台)に参戦。

今年度初参戦となった同チームが今年最後の大一番に臨みました!

初参戦チームなりの苦難と奮闘を当日のレースの模様も交えながらお伝えします!

スーパー耐久第6戦 ST-TCRクラスに参戦

Audi Team DreamDrive Noah RS3 LMS©️Audi Team DreamDrive Noah

ピレリスーパー耐久シリーズ2018(S耐)に参戦するAudi Team DreamDrive Noah「m-1 CARFACTORY RS3 LMS」、11月3〜4日に岡山国際サーキット(岡山県)で開催されたシリーズ第6戦(最終戦)「スーパー耐久レースin岡山」ST-TCRクラス(全8台)に参戦し、初めてづくしのレースを6位入賞で終えました。

福岡に本拠を置くAudi Team DreamDrive Noah(代表:清瀧雄二)は、“九州に元気を!九州のモータースポーツにもっとワクワクを!“を合言葉に九州のレーシングチームとして2018年シーズンをS耐にフル参戦。

最終戦の岡山へは熊本在住の塚田利郎、蘇武喜和、清瀧雄二というレギュラードライバー3名体制で挑戦しました。

今回のST-TCRクラスには、5台のアウディRS3 LMS、2台のホンダ・シビックタイプR、VWゴルフGTIという計8台が参戦。

Audi Team DreamDrive Noah RS3 LMS©️Audi Team DreamDrive Noah

タイトなコーナーが多いテクニカルコースとして知られる岡山国際サーキットですが、実は清瀧と塚田は岡山で開催されるレースに参戦するのは今回が初。

コースを覚えて慣れることから始めなければならなりませんでした。

チームは1日から現地入り。2日間コースを走り込んだ清瀧と塚田は、周囲との大きなタイム差もなく走行できるようになって、チームスタッフを安心させた。3日の公式予選はA、Bドライバー2名のベストタイム合算で争い、塚田と蘇武のベストタイム合算の結果クラス6位につけました。
 

ミスなく最後まで走りきり6位完走

Audi Team DreamDrive Noah RS3 LMS©️Audi Team DreamDrive Noah

今回

各ドライバーコメント

©️Audi Team DreamDrive Noah
 
清瀧雄二「岡山のコースは初めて走ったのですが、ドライバーとして最悪の展開でした。ST-3クラスの車両に引っかかって付き合ってしまい30秒ぐらいタイムロスを喫しました。チームとしては最終戦を笑えて終えられたので良かったのかなと。車両もチームも形ができましたし、来季につなげるベースができました。ようやくスタート位置に立てたのかなと思います。シーズン途中はあまり楽しくない時がありましたが、良いチームで来年を迎えられそうです」
 
塚田利郎「岡山を走るのは初だったので、コースを覚えることから始めましたが、蘇武選手のアドバイスもありある程度のタイムは出せるようになりましたし、これを来年につなげていきたいです。10号車ゴルフや98号車シビックとマッチゲームを展開してバトルも楽しめました。一年はアッという間でした。チームの立ち上げからいろんなことを経験させてもらいました。いろんな人との縁を強く感じた一年で、これを来年も継続していきたいと思います」
 
蘇武喜和「一年を終えてひと安心しました。シリーズ3位は死守したかったんですが、来年につながればと思って走りました。ロングを担当してタイヤも温存できましたが、今回の6位は実力どおりの結果なのかなと思います。残り3周ぐらいはずっと来年のことを考えながら走っていました。今年一年でデータもたくさん取れましたし、来年はもっと上位に入れるように頑張っていきたいと思っています」
会員登録すれば500ポイント付与

協賛各社

Audi Team DreamDrive Noah RS3 LMS

あわせて読みたい

Audi Team DreamDrive Noahの活躍を振り返る!
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!