ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
予算50万円!格安軽自動車は今一番楽しめるクルマ!

予算50万円!格安軽自動車は今一番楽しめるクルマ!

アルトやアルトワークス、ミラ、カプチーノ、AZ-1などの軽スポーツカー専門店で車検対応のパーツ開発と1200点にも及ぶオリジナルパーツ群、さらにスポーツ派に圧倒的に支持されるその豊富なノウハウで信頼を寄せている京都府京都市の「Navic(ナビック)」。

今回紹介するダイハツ・エッセは、全て保安基準に適合しており、見るからにレーシーで「走るのが好きなサーキット志向の人が乗る特別なクルマなんだろう…」とつい思ってしまいそうだが、実はこのエッセ、ベース車両含め「低価格で楽しく走ろう!」という吉田代表のコンセプトの元、製作されたモータースポーツ仕様だ。

そんな事を頭の片隅に置きつつこのエッセを見てもらいたい。

Photo : Yukio Yoshimi
Text : Takayuki Kimura

通勤からサーキットまで!


5ドアで使い勝手もよく、家でのセカンドカーでありながら通勤にも使用できる。

それでありながら、たまの週末のサーキット練習会にも参加できるオールラウンダーな仕上がりとなっているナビックのエッセ。

ベース車両にはエッセのラインナップの中でも、最も安価な『エッセECO』を使用している。

それを総額50~60万円でサーキットでも遊びつくせる仕様に仕立てているというワケだ。

まさにモータースポーツの入り口には最適な車両だろう。



「軽自動車でスポーツ走行することって週末のお父さんのゴルフみたいなもんですね。普通車に高額な費用を掛けてモータースポーツを楽しむのもいいですが、このクラスなら少々壊れても部品さえ生きていればハコ替えしてまた簡単に遊べます。それで面白ければ、また少しお金をかけてもいいでしょう。“お手頃な車両でモータースポーツをしよう!”がコンセプトなんですよ」

と語るのはナビックの吉田代表。
 

最安価で最高のパフォーマンスを発揮するエッセ


ナビックエッセは、鈴鹿のフルコースを3分程度くらいで走る実力派。

タイム的にはF1の倍近いが、1コーナーやデグナー、130Rもアクセル全開で楽しめる。

しかし価格はF1の何分の一?下手したら何百分の一だろう。

F1を比較対象とするのは、あまりにも極端ではあるが、超魅力的なお値打ちであることに間違いはナシ!

ということで、このナビック仕様のエッセの全貌を見ていこう。






エンジン、ミッション、コンピューターはノーマル。

チューニングの基本は吸排気系と足回りのみというシンプルな仕様になっている。




ロールゲージ装着の為、2名乗車の4ナンバー車枠はそのままに最大積載量100kgで税金も安い。


助手席に純正シートがあるのも普段遣いを考えてのこと。

外装は基本ノーマルで、パラシュート効果を低減しエアを効果的に抜くため純正リアバンパーをダクト化。


ナビック車高調の足回りはアッパーマウントとキャンバーボルトによりフロントのキャンバー角は4度にセッティング。


スプリングもナビックオリジナルで、F:12kg/mm+トラクションスプリング/R:8kg/mmという仕様。


ブレーキにはディクセルのパッドを装着。

ホイールスペーサーは20mmでフェンダーのツラに合わせワイドトレッド化も果たしている。


次に、室内を見ていこう。





ディープコーンのMOMOステアリングにウルトラのタコメーター、HKSのサーキットカウンター、ブリッドのフルバケットシート、4点式シートベルトはTRS。




さらにレッツオのシフトノブやペダル、6点式のロールバーはサイトウロールケージ製。

リアのピラーバーはナビックオリジナルとおよそサーキットを楽しむための装備は全て揃っている。

軽自動車で楽しむこと


軽自動車でモータースポーツを楽しむことに、ナビックはかなり力を入れて取り組んでいます。

軽ならではの魅力を、吉田代表は"フナ釣り"に例える。

吉田「バス釣りがドリフトだとすれば、軽自動車でサーキットを走る仕様はフナ釣りのような魅力ですね。

最近は40歳代の人の参加も多いですよ。

フナに始まりフナに終わるじゃないですが、コストを掛けずに、でもその奥の深さは本当に楽しめる。

それが軽自動車で楽しむスポーツ走行の魅力です。」




ナビックの練習会は1日走り放題で11,000円。

なんと23歳以下は6,000円というから格安だ。

1周55秒のコースで多い人なら120周は走れる計算。

正直これで物足りない人はほぼいないだろう。

コストを掛けずにモータースポーツを楽しんでみたい……!そんな人には絶対オススメのナビックのパーツとそのフォロー体制は本当に魅力だ。

吉田「好きな人はこのエッセをきっかけにS耐まで走ります。

ウチはモーターランド鈴鹿や鈴鹿ツインサーキット、タカスサーキットなどのミニサーキットを中心に走行会を開催しています。

初心者が中心なのでぜひ一緒に遊びましょう!」。



そんな楽しげなサーキット走行のシーンはナビックのYOU TUBE “ナビックTV”
https://www.youtube.com/user/navickyoto/featured)で視聴できる。

ぜひ身近な軽自動車で楽しむスポーツ走行にもチャレンジしてほしい。

スポーツ派に遊び場とパーツ供給、遊び方を教えてくれる、力になってくれる存在なのがナビックなのだ。

まずは安価なベース車探しと信頼のブランドでのライトチューンからぜひエントリーしてもらいたい。

実は6月1日、2日のスーパー耐久に、チームナビックの2名(MC 平田選手、大崎 達也選手)が参戦する予定。

軽自動車モータースポーツからのレース参戦に注目です!

会員登録すれば500ポイント付与

ショップ情報

NAVIC

住所:〒607-8218 京都市山科区勧修寺御所内町128
TEL:075-575-4433
FAX:075-575-4434
HP:https://www.navic-kyoto.jp/
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!