ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
新車で420万円!?4Lugスタイルの150系プラドのお得なコンプリートカーを紹介!

新車で420万円!?4Lugスタイルの150系プラドのお得なコンプリートカーを紹介!

3列シートSUVの人気が高まりつつある今、注目したい新車コンプリートカーが兵庫県三木市のカスタムショップ『WEED(ウィード)』から販売されています。

トヨタ・ランドクルーザープラド(150系)をベースにカスタムしたコンプリートカーで、派手すぎずフォーマルにリフトアップしているのが特徴の1台。

ウィードが得意とする『フォーラグ』というスタイルを体現したプラドになっているのだそう。

ファミリーカーとしての需要も高まる3列シートSUVをこんな感じに乗りこなしてみるのも、アリかも!?

プラドの魅力って何だろう?

MCLIMBのパーツで武装された150系プラド ©︎MCLIMB

かつてRVブーム真っ只中の1984年にランドクルーザー70系から『70系ワゴン』として独立、1990年以降から現在の車名となり、2009年9月にモデルチェンジを受けて現在は4代目150系を販売しているのがトヨタ ランドクルーザープラド(以下『プラド』)です。

1980年代から90年代前半のRV(レクリエーショナル・ビークル)、現在ではSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)と呼ばれるジャンルの中でもクロスカントリー4WD車がブームだった頃に登場してヒット作となりました。

ブーム終了後も、1950年代に登場してから信頼性や耐久性で絶対的な人気を誇り続けてきた『ランドクルーザー』ブランドにより支持を受け続け、今なおクロスカントリー系で2列シート5人乗り、あるいは3列シート7人乗り車種の中では一番の販売台数を誇ります!

さらに2017年あたりから、ミニバンで満足できないユーザーからの『3列シートSUV』にブームの兆しがあり、元より3列シート車を設定しているプラドの存在が見直されるとともに、2017年9月のマイナーチェンジで内外装変更や安全運転支援パッケージ標準装備によって販売台数も安定しており、注目の1台なのです!

WEEDってどんなショップ?



今回ご紹介するのは兵庫県三木市にあるカスタムショップ『Weed(ウィード)』が手がけるコンプリートカーのプラドです。
 
ウィードは三木市の本店ショールームの他にも、兵庫県加古川市にある土山店ショールームなどを展開する、ランドクルーザーなどのSUVを得意としたショップ。

また、ウィードを運営する『株式会社エムクライム』では、『MCLIMB』という名前のブランドでサーフやプラド、デリカD:5のようなSUVに向けたカスタムパーツの販売もしています。

また、この他にもルーフテントメーカー『iKamper社』の国内総代理店も行なっており、クルマを通じたライフスタイルの提案を行なっているのです。

中でも特にアウトドア遊びに力を入れており、ウィードとしては本格派SUVであるランクル・プラドの中古車や、MCLIMBブランドのカスタムパーツの販売・取り付けまでを担っています。

あえてエアロは付けない

ウィードの提唱する4Lug(フォーラグ)を具現化している。 ©︎MCLIMB

そんなウィードが提案している『4Lug(フォーラグ)』と呼ばれるSUVのカスタムスタイルです。

最近のSUVカスタムと言えば、大径ホイールを履かせ、エアロをまとい、ローダウンさせるようなドレスアップが流行しているように見受けられますが、ウィードのフォーラグは、また少し違った方向性なのだとか。

そこで、MCLIMBの安藝さんにフォーラグについて伺ってみました!
 
「まず、弊社のカスタムのコンセプトとして、「あえてエアロを付けない」という拘りがあります。

最近ではSUVの中でも"シティオフローダー"なんて言葉も浸透していますが、シティオフローダーの良さって「(普段は街乗りしかしないけど)いざという時には性能を発揮できる」ことだと思っています。

なので、そもそも悪路走破性などが高いSUVに対して、走破性を下げるようなローフォルムを演出するエアロは必要なのか?と我々は考えています。

よって、MCLIMBブランドとしてSUV向けに開発しているオリジナルパーツはアルミホイール、足まわり、オーバーフェンダー、マフラーといったアイテムを軸としたラインナップになっています。

見た目はあくまでリフトアップと、オーバーフェンダー程度に。

そしてフロントグリルをボディ同色にすることで上品さを演出しています。

一見「それだけ?」と思われがちですが、ゴテゴテさせすぎない、シンプルで質実剛健な姿こそが、SUVの良さだと我々は思っております。

このようにハード面の強化を軸に、四駆が元々持つタフさを演出しつつも、ラグジュアリーさを融合したスタイルのカスタムを、我々で「フォーラグ」と名付け、提案しています。

 とにかく、全ての四駆乗りがアウトドアをする訳でもないと思っていますので、街乗り重視のシティーオフローダーにも支持していただけるように仕上げたつもりです。」
会員登録すれば500ポイント付与

ここがウィードのこだわり!

プラドに装着されるのはオリジナルホイール『カノン』の20インチだ。©︎MCLIMB


確かに、あえてエアロを付けずに、オーバーフェンダーだけでもボディのメリハリは十分に表現できるはず。

しかしランクルのスペシャリストの元には、ローダウンしたスタイルにしたいという声もたまにあるのだと安藝さんは言います。
 
当然、それを求めるユーザーさんもいらっしゃいますが、そこは他社パーツでも表現できると思っています

(※ウィード土山店ではWALDバージョンでエアロ付きの販売も行なっているそうです。)

 また系列の三木スズキでは、スイフトのエアロを現在製作中ですし、当社でエアロパーツの開発もやろうと思えばやれます。

もちろん今後、車種によってボディパーツやエアロを作る可能性もありますよ!

独自オプションの『ナビ・パック9』はALPINE製ナビが装着されている。©︎MCLIMB


また、コンプリートカー以外に、ウィードの強みとして、独自のパッケージオプションも挙げられます。

専用ナビ、バックカメラ、ETCがまとめられたのお得なナビ・パックや、インテリア・パック(専用レザー調シートカバー、ステリング、マット)のセットもあるのだとか。

更にオートローンの低金利や独自の残価据置プラン(※残価保証ではない)もあり、求めやすくなっている点も特筆すべきでしょう。

Weedプラドの仕様詳細


フロントグリルはボディ同色にペイント。グリルのメッキが強調され、高級感ある仕上がりになっている。©︎MCLIMB

<新車ランドクルーザープラド・エムクライムコンプリートモデル>
 
仕様詳細
・フロントグリル:ブラック(ボディ同色)
・専用17インチAW(エムクライム・カノン/ブラッククリア)※スパッタリングのミラークリアも選べます。
・ATタイヤ(BFG KO2 285/70R17)
・リフトアップコイル(エムクライム/40mmUP)
・デフダウンブロック (エムクライム)
・オーバーフェンダー (エムクライム/35mmワイド)
・デュアルマフラー(エムクライム)
・メーカーオプション(クリアランスソナー)

車両本体価格:¥4,180,000-(税込)から
※以上は標準装備として車両本体価格に含まれております。

★20インチAWを選択した場合は+10万円(税込)
各色、各グレード、メーカーOP、ディーラーOP取扱い可能。
※TZ-Gのみ取扱しておりません。



プラドが持つフォーラグさを強調したカスタムになっている。©︎MCLIMB
純正より40mmのリフトアップが施されている。©︎MCLIMB
 

お問い合わせ先

 
株式会社 MCLIMB

本社住所:〒673-0415 兵庫県三木市府内町401-1

TEL:0794-73-8000

FAX:0794-73-8001

URL:http://weed10.com/

営業時間:9:00~19:00

定休日:水曜日
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

©︎MCLIMB

今回は、ウィードが手がける150系プラドのコンプリートカーをご紹介しました。

SUVが持つワイルドさを強調しつつも、上品でエレガンスなスタイルにまとめ上げているフォーラグカスタムが特徴のこの1台!

都会の喧騒から大自然に囲まれたキャンプ場まで、様々なシチュエーションに合う大人なプラドはいかがでしょうか?

 

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!