ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
ニュル24時間レース仕様を完全コピー!?スバル愛に溢れたオーナーのGVBインプレッサ!

ニュル24時間レース仕様を完全コピー!?スバル愛に溢れたオーナーのGVBインプレッサ!

2011年のニュルブルクリンク24時間レースで活躍したGVBインプレッサのレプリカに乗るstigさん。

スバルがラリーだけでなくサーキットでのレース等、世界中のレースで活躍している姿を見て、自分もレースで優勝したクルマに乗りたい!という想いでレプリカ仕様にしてしまったそう。

今日はそんなスバルを愛する若者の愛車をご紹介します!

シンプルながら、れっきとしたレプリカ仕様!


レースカーのレプリカということで、カラーリングやバイナルはド派手ながら、外装はいたってシンプル。

カスタムポイントも、現状は最小限に抑えられています。


まずはヘッドライト。

IPFのHIDのものに変更されており、純正と比べ明るく、視認性が上がり走りやすくなったとのこと。


ホイールはWedsSportのSA-10Rを装着。

純正よりオフセット気味の、ツラが合うサイズを選択しています。

このホイールはお世話になっているお店のオススメで、デザイン性と機能性、コストパフォーマンスに優れているとのこと。


マフラーはHKSのスーパーターボマフラーをセレクト。

ホンモノのニュル仕様GVBはFUJITSUBO製マフラーを装着しているため、FUJITSUBOのステッカーが貼られていますが、 stigさんはこのマフラーのサウンドが好きで装着しているそう。

加速感も、純正と比べて向上していると体感できるそうです。
 

ZERO SPORTSのパーツで固めたエンジンルーム!

続いて、エンジンルームをご紹介。

ZERO SPORTSのパーツを中心に、冷却効率を高めるアイテムを採用しています。


エンジンルーム前方に装着されているのが、ラジエターに風をしっかり当てるためのパーツ、「クールラジエター」。

中央手前に設置されているのが、オルタネーターのベルトを保護するための「ベルトプロテクター」です。


インタークーラーに装着されているのが、「クールアクション」。

ブーストを安定させたり、立ち上がりを良くするためのパーツで、ドレスアップ効果もバッチリです。


車高調もZERO SPORTSのパーツを採用。

街乗り~ミニサーキットに合わせた減衰力調整ができるモデルです。
 

今後はエアロで武装・・・?



stigさんに、このGVBインプレッサをどのようにカスタムしていくのか聞いてみると、 「サイドスカートやリップなどのエアロパーツを装着したい」とのこと。

しかし、外装パーツの交換に伴い、カラーリングをやり直さなければならないことを考えると、ちょっと尻込みしてしまっているとのこと。

それでも、大型のGTウィングを装着し、よりレーシングカーに近づけた形にしていきたいと語ってくれました。

今後どのようにカスタムが進んでいくのか、非常に楽しみな1台です。
 
会員登録すれば500ポイント付与

2011年ニュルブルクリンク24時間レース仕様のインプレッサを動画で詳しく見る!

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!