モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

マシントラブルに見舞われるも6位入賞!Audi Team DreamDrive Noah #75 レースレポート

マシントラブルに見舞われるも6位入賞!Audi Team DreamDrive Noah #75 レースレポート

ピレリ スーパー耐久シリーズ 2018(S耐)に参戦する Audi Team DreamDrive Noah 「m-1 CARFACTORY RS3
LMS」は、7月14〜15日にオートポリス(大分県)で開催されたシリーズ第4戦「TKU スーパー耐久レース in オートポリ
ス」ST-TCRクラス(全8台)に参戦しました。序盤からマシントラブルに見舞われながらも粘り強い走りで 6 位入賞。そんなチームからのレースレポートをお届けします!

地元、九州決戦への意気込み



福岡に本拠を置く Audi Team DreamDrive Noah(代表:清瀧雄二)は、“九州に元気を!九州のモータースポーツにもっとワクワクを!“を合言葉に九州のレーシングチームとしてS耐にフル参戦中のレーシングチームです。

今回は熊本在住の塚田利郎選手、蘇武喜和選手、清瀧雄二選手のレギュラードライバー3名に、渡辺忠司選手を加えた4名体制を敷きました。

今回のST-TCRクラスには、4台のアウディ RS3 LMS、3 台のホンダ・シビック タイプR、VW ゴルフ GTI という計8台が参戦しました。

チームは前回の富士24時間で初優勝を決めた勢いを保ち、地元サーキットでの好成績を目指します。




特にこの九州が地元の清瀧・塚田選手にとってこのテクニカルなオートポリスはホームコースとも言えるため、コースを熟知し、走り込んでいるのは大きなアドバンテージでした。

このレースウィークの九州地方は真夏の太陽に照りつけられた猛暑となり、オートポリスのある大分県日田市の最高気温は37.4℃まで達しましたが、阿蘇外輪山の中腹にある高地コースとはいえ、サーキットでも30℃前後まで達しました。

14日の公式予選は、A・Bドライバー2名のベストタイム合算で争い、塚田選手と蘇武が出走。

ベストタイム合算の結果、予選はクラス4位につけました。

突然のトラブルがチームを襲う



全7クラス、計49台の車両が参加した5時間耐久の決勝レースは、15日 11時39分にスタート。

これまで戦い抜いた3戦でスタータードライバーを務めたのは塚田選手だったが、今回は蘇武選手がスタートを担当しました。





蘇武は順位を保ち、後方に 2 台のRS3と2台のシビックを引き連れるような形で周回していましたが、6周目に1コーナーで突然右フロントのダンパーが折れ、スローダウンしてピットへ。





突然のトラブルでしたが、ピットクルーは迅速に作業を行い、20分ほどでマシンを再びコースへ送り出します。

優勝争いからは脱落してしまいましたが、ここで予定よりも早く渡辺選手がドライブを担当する作戦へ切り替えます。




渡辺選手は26周を周回し、ピットインして清瀧選手に交代。

清瀧選手は走り慣れたコースで、タイヤの磨耗に気を使いながら37周を終えてピットへ。

ここで塚田選手に交代します。

クラス順位は8位で変わらないものの、周回を重ねていくにつれ少しずつ総合順位を上げていく見事な走りを続け、32周で本日最後のドライバー交代。

バトンを受け取るのは、スターターでもあった蘇武選手です。

大波乱の展開で荒れるオートポリス



蘇武選手も、塚田選手同様、クラス順位はそのままに、総合順位を着実に上げながら周回。

そしてゴールまで残り10分ほどとなった12 周目に序盤のダンパートラブルに起因するトラブルがまたもや発生し、緊急ピットイン。




応急処置を施し再びコースへ戻りますが、レース残り半周という所でトラブルが再発。

タイヤとフェンダーが干渉してタイヤがバーストし、最後はホイールのみの状態で戻ってきて何とかチェッカーを受けました。

このファイナルラップでストップしチェッカーを受けられなかった車両が2台あり、最終的にはクラス順位もジャンプアップして6位となりポイントランキングも3位を守ります。

シリーズ第5戦は、9月22〜23日にツインリンクもてぎ(栃木県)において5時間耐久レースが開催される予定です。
会員登録すれば500ポイント付与

各ドライバーからのコメント



清瀧雄二選手


「同じアウディの 45号車も、私たちと全く同じトラブルで破損していたので対策を考えないといけないですね。しかし、今回のレースが8位でなくて6位で終えられたという結果は大きいです。もてぎの練習用にと参加した6月の『Joy 耐』では優勝しましたし、アウディには合っているコースのようなので、頑張って良い結果を残したいと思います」



塚田利郎選手

「路面温度が高いことでタイヤのグリップが落ちて厳しいレースになりましたが、これもレース。富士24時間で勝って色気が出てしまった感もありますから、挑戦者の気持ちを忘れずに残り2戦を戦いたいと思います。」



蘇武喜和選手

「まさか自分が乗っている時にすべてのトラブルが起きるとは思いませんでしたが、ゴールできて本当に良かったです。9ポイント加算ということで次にもつながりますし、もてぎはアウディに合っているようなので楽しみです」




渡辺忠司選手

「久々にオートポリスを走りましたが、タイヤ的に厳しく苦労しました。いろいろなことを教わりながら走れたこ とで収穫は大きく感謝しています。次も乗る機会があれば嬉しいですし、また頑張りたいです」

協賛各位

Audi Team DreamDrive Noah チームページ

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!