ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
BLITZ自慢のチューニングメニューでハイエースのパフォーマンスをボトムアップ!

BLITZ自慢のチューニングメニューでハイエースのパフォーマンスをボトムアップ!

国内3大チューニングパーツメーカーの1つ、『ブリッツ』。
そんな同社が最近、スポーツモデルと同じぐらい力を入れ始めた車種がハイエースだ。
意外と思うかも知れないがハイエースには、走り好きや、走りのパフォーマンスにこだわるユーザーが多い。
しかし、そのことにしっかりと目を向けたチューニングやカスタムプランはまだまだ少数だ。
ブリッツのデモカーは、エンジンから足回り、内外装まで、ハイエースのパフォーマンスを確実にボトムアップさせるチューニングやカスタマイズプランが満載。
もちろん全て車検対応だ。

Photo: Yukio Yoshimi
Text : Isao Katsumori

スタイリングチェック

まずはスタイリングチェック。

デカールチューンされたボディからは、ハイエースらしからぬスポーツマインドが漂う。






 

エンジンはコンプレッサーチューン。低速からトルクフル



コンパクトなルーツ式スーパーチャージャーを採用することで、ハイエースへの搭載を可能にしたブリッツの『コンプレッサーシステム』。

特殊コーティングを施した中空ローターによって鋭いレスポンスを実現し、低速からディーゼル並みの力強いトルクを発生させる。

もちろん高回転域でのゆとりは、ディーゼル以上だ。


インテークは純正のエアクリーナーボックスを使用し、付属のフューエルコントローラーを装着すればECUセッティングも不要と、取り付けも至ってスムーズだ。

ちなみに、ブリッツでは2.0リッターガソリンエンジン(1TR-FE型)用に加えて2.7リッターガソリンエンジン(2TR-FE型)用のシステムもリリース。

こちらのパワーは実にノーマルの37馬力アップ、トルクは50N ・mの増強となる。

フットワークの減衰力は室内からコントロール自在



足回りはオリジナルのサスペンションキット『DAMPER  ZZ-R Spec DSC』でチューニング。

ローダウン機能以上に、しっかり走れることをメインテーマに開発された足で、ダンパーは前後とも32段の減衰力調整機能を装備。

アイテムにはローダウンセッティングに必要なブロックやバンプストッパーなど一式が付属されている。



なお、デモカーに装着されたSpec DSCは、室内に居ながらにして減衰力を遠隔調整できるコントローラを装備。

これはハイエース用としてはBLITZだけが持つ独自の機構だ。

シチュエーションや乗員数、荷物の積載量によって、減衰力をきめ細かにセッティングすることができる。

ちなみにデモカーの車高は前後共40㎜弱のダウン量だ。

会員登録すれば500ポイント付与

エアロはオリジナルの『AERO SPEED R-CONCEPT』


 

ブリッツはエアロパーツも自社で開発。

アイテムはフロントリップ、サイドスポイラー、リアサイドプロテクター、そしてエアロボンネットの4アイテムで、全てハイエース/レジアスエース専用デザインとなる。

デモカーは、これに加えて社外品のフェンダーを装着。




ホイールはENKEIのオールロードPRT1(8J×18+38)。

Racingシリーズで人気絶大の「RPF1」フェイスを持ったリアルクロスカントリーホイールで、タイヤはダンロップをセット。


マフラーはニュルスペックの4本出しタイプ。

2.7リッター用から先行リリースされる予定のブリッツの新作エキゾーストだ。

ドライバーが主役のスポーツコンセプトなインテリア


インテリアパーツもブリッツらしいスポーツコンセプトのデザインだ。

ステアリングのグリップは滑り止め効果の高いバックスキン。

シートにはホールド性と快適性が追求されたブリッドのedirbを搭載する。



コンプレッサーチューンに伴い必須となる車両状態の確認は、OBDマルチモニター『タッチブレイン』で一括管理。


フロアマットのカラーも、ブリッツらしく、スポーツを象徴するブラックとレッドのカラーコーディネートだ。






パーツの詳細情報はコチラから!
 

メーカー情報

株式会社ブリッツ
〒202-0023 東京都西東京市新町4-7-6
TEL 0422-60-2277
https://www.blitz.co.jp/
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!