ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
まさに機能美!!レースで実証されたVARISの戦うエアロを纏ったトヨタ86

まさに機能美!!レースで実証されたVARISの戦うエアロを纏ったトヨタ86

比較的手ごろな価格で購入できる絶妙なサイズを持ったFR車という点が評価され、登場から7年が経過した現在でも一定の人気を保ち続けているトヨタ86。

そのため、街に出れば1日に1台は86を見かけるという状況になっており、86オーナーとしては自分だけのクルマとして他の86と差別化を図りたい、と思う人も多いのではないでしょうか。

そんなときにやはり一番効果的なのがエアロパーツの導入でしょう。

小ぶりなアイテムをプラスするだけでも雰囲気は変わりますが、やはりイメージを一変させるにはフロントマスクを一新できるフルバンパーなど、いかがでしょうか!

今回は、フロントマスクの雰囲気がガラリと変わっている、エアロパーツの老舗『VARIS』のデモカーをご紹介します。

Text : Koichi KOBUNA
Photo : Takanori ARIMA

モータースポーツで培ったノウハウを市販エアロパーツにフィードバックする


そもそもVARISは、エアロパーツがまだ"ドレスアップアイテム"という認識が強かった90年代から、モータースポーツへ積極的にエアロパーツを投入し、エアロパーツ=チューニングパーツというイメージをもたらした第一人者です。  
 
VARISが参戦したSUPER GTやスーパー耐久などはイコールコンディションで戦うため、エンジンチューニングなどで大きな差が付かないようにレギュレーションで調整されています。
そのため、空力をコントロールすることが非常に重要となります。

また、長時間の走行となるため、水温や油温の上昇を抑えるために効果的に冷却装置に風を当てるということも重要になるため、非常に厳しい環境で培われた技術やノウハウがエアロパーツにフィードバックされているというわけなのです。

機能性だけでなく遊び心もプラスした「Solid Joker」シリーズ

エアロパーツをチューニングパーツと捉えるVARISのエアロパーツは、その性能を追求したスタイリングが非常にスタイリッシュであり、日本のみならず海外からも人気を博しています。


今回紹介するのは、VARISの人気シリーズである「ARISING-II」に更なる遊び心もプラスした「Solid Joker」。


Solid Jokerは「ARISING-II」をベースにカーボンリップなどを追加。

すでにARISING-IIを装着しているユーザーにはSolid Jokerとして追加された部分が単体で販売されているため、それらを装着することでSolid Jokerルックにすることができるというのも嬉しい配慮と言えます。

フロント、サイド、リアの3点キットのほか、オプションパーツとしてフロントバンパーのオイルクーラーダクト(右側)やダクトカバー(左側)、アクリル製フラップ付きのリアスポイラーなども設定されています。


通常のカーボン繊維よりも太いカーボン糸を使用した『12Kカーボン繊維』は、見た目もさることながら高剛性と軽量化に貢献。


ちなみにこのリアスポイラーはトランクの上部をまるごとカバーする形状となっており、ナンバー上部のガーニッシュを覆い隠して、より一体感のあるリアビューとしている点がVARISらしいこだわりです。

なお、VARISのデモカーが纏うボディカラーは純正色ではなく、足元に装着されたホイール、RAYS CE28 SLのプレスドグラファイトを調色したものとのこと。

VARISのデモカーには原色系のインパクトの強いカラーのクルマもありますが、こういったシックなカラーも似合うという好例です。
 

エクステリアだけでなくインテリアにも拘るのがVARIS流


インテリアは、サイトウロールケージ製ダッシュボード貫通タイプのアルミロールケージや、アルミフロアマットを装着しスパルタンな雰囲気に。


レカロ製のフルバケットシート、TAKATA製4点式シートベルトを装着し、ストリートのみならずサーキット走行にも対応。


センターコンソールはアルカンターラ生地を貼り高級感をプラスし、内装各所にはカーボンを散りばめレーシーな内装へと仕上げています。


インパネ部にはカーボン板にETC車載器を埋め込むなど、インテリアもきっちりと作り込むのがVARIS流。

エンジンも抜かりなくチューニング


チューニングカーの雰囲気を残しつつ、シンプルに仕上げられたエンジンルーム。

インテークマニホールドは86後期純正が装着され、赤の結晶塗装がアクセントになっています。


HKS製スーパーチャージャーを装着し、純正に対して出力35%UP、トルクは45%UPを実現。併せてオイルクーラーも装着され、サーキット走行にも対応しているとのこと。

エクステリアはもちろん、インテリアやチューニングまでもお手本にしたくなるデモカーの完成度は、さすがVARISといったところでしょう。
 
■お問い合わせ先
バリス
住所:〒252-0186 神奈川県相模原市緑区牧野8420番地
TEL:042-689-2939
FAX:042-689-2977
HP:http://varis.co.jp/

装着パーツはこちら

画像ギャラリー
























 

この記事をシェアする!