ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
物足りない86ユーザー必見!!kansaiサービスが手がける

物足りない86ユーザー必見!!kansaiサービスが手がける"やりすぎない"ターボ仕様のデモカー

走る楽しさを実感させてくれるチューナー『Kansaiサービス』。

走る、曲がる、止まる、の基本性能の向上はもちろん、自分にとっての速さ、そして快適さを共に構築してくれるプロとしてベストなチューニングショップと言えます。

今回は、そんなKansaiサービスの手掛けた86をご紹介します!

Photo : Yukio YOSHIMI
Text : Takayuki KIMURA

Kansaiサービスは86のチューニングメニューが豊富!



今回紹介するのは、Kansaiサービスが手がけた、後期型のトヨタ86。

FRスポーツとしての進化が図られ、リアのボディ剛性の向上や新しい電子制御などのアップデートに従来から培ったチューニングノウハウが融合された“走り、スタイル、快適性”が引き上げられた魅力的な仕様です。
 
もともとこの86のNAエンジンは、メーカーによる自主規制でそのポテンシャルが抑えられています。

そこをキャタライザーとECUによりフラットトルク化。
全域を底上げできるようにすることも可能です。

Kansaiサービスのメニューにはスーパーチャージャーやターボなどのメニューも揃い、事実、このデモカーはターボ仕様。

ただ、まずはNAチューンで、気持ちよくエンジンを回るようにしたいというリクエストも数多くあります。

チューニングを進めると費用が嵩みがちですが、「まずはNAで楽しんで、それから過給機でも良いのでは?」というのがKansaiサービスの提案するスタイルです。

エアロは後期専用!

エアロは純正バンパーへの装着をベースにした薄型の最新エアロで、後期型専用にデザイン。



カーボンフロントリップ、フロントグリルセパレーター、カーボンサイドステップ、カーボンリアサイドスポイラー、カーボンリアガーニッシュという構成で、リアウイングは純正形状が「そのままで十分にカッコイイ」からとノーマルを選択。

このあたりの判断もKansaiサービスらしいと言えます。


 
ホイールはADVANレーシングのTC-4(18×9.5+45)にタイヤはADVAN NEOVA AD08(255/35)。

サスペンションはHKSハイパーマックスⅣ SPを選択。

シートにはレカロの最新モデルPRO RACER RMS 2700Gを運転席に、助手席にはSR6 Super Starkをセット。マフラーはHKSリーガマックススポーツという布陣です。

補強パーツにも注力!

Kansaiサービスは、ボディ補強パーツにも力を入れています。
 
「補強パーツはボディがヘタる前に装着することが大切ですね。

モノコックのやられ方が全然違ってきます。

特に前後のタワーバーは必須だと思います。

通常、リア用のタワーバーというとラゲッジスペースを殺してしまうことがほとんどだと思いますが、ウチの商品はラゲッジを殺さない独自構造で開発しています。

下にプレートを一枚足しており、ボルトを介していないので剛性面でも有利ですね」

と語るのは関西サービスの島田さん。

※写真上部、シルバーの部品がタワーバー

島田さんがおっしゃる通り、一見「あれっ?タワーバーは何処にあるの??」と分からないリアのラゲッジスペース。

実は、純正トランクの隙間スペースをうまく利用しつつ、一体構造+補強プレートの採用でラゲッジスペースを全く犠牲にすることなくトランク周りの剛性を効果的にアップさせています。

こちらは現在Kansaiサービスでも激アツな大人気のアイテムなのです。  

また、エンジンルーム内でも補強パーツは重要な役割を果たします。

フロントセクションはタワーバー&バルクヘッドバーを装着。
ボディ剛性アップとともにマスターシリンダーストッパーの追加でブレーキフィールも向上します。
 

サスペンションを正常に動かしモノコックを保護、痛快なハンドリングをアシストするボディ補強パーツはリニアなステアリング特性、スムーズに動くフットワークの構築に欠かせないメニューです。

装着時のウイークポイントは…重量の微増以外は考えられないほどで、得られる恩恵の方が大きいはず。

他に、86用としてフロントロアブレスバー、リアロアアームバー、リアメンバーブレスバー、リアエンドバーをラインアップします。
 

デモカーに装着のターボには2リッタークラスに最適なボルトオンターボキットGT3RSをベースに専用設計のハウジングを採用。

さらにHKSフューエルアップグレードキットやSARDのフューエルポンプも装着し、冷却系としてHKSのオイルクーラーとインタークーラーも装備しています。

ボルトオンターボキット搭載のデモカー仕様ならパワーは298ps、最大トルクは32kgmを実現。

ただ、楽しみ方は人それぞれなので、NAチューン、NAチューンを生かしたままエントリー可能なS/C仕様、そして最終奥義のボルトオンターボキット仕様。

メニューは時間を掛けてステップアップしても構いません。

むしろ「お金を使わずにできるだけ低予算でチューニングを楽しんでほしい」とはKansaiサービスからのアドバイス。

自分にあった86チューンのサポートにベストな仕様で応えてくれるはずです。
会員登録すれば500ポイント付与

デモカーは同乗試乗が可能!


 
奈良県の山あいにあるKansaiサービスですが、ショップへ足を運んだユーザーは、全てのデモカーが同乗試乗可能なんだとか。

その背景には「こんな田舎まで来てもらっているんだからぜひ体感してもらおう」というKansaiサービス・向井代表の想いがあるそうです。
 
特に86/BRZユーザーで、自分の車を「どう仕上げようか?」とお悩みの方は必見!

Kansaiサービスではサスペンションに対する乗り心地やボディ剛性の違い、S/Cでのパワーフィールやターボチューンのトルク感など実体験出来るよう、ターボ仕様とスーパーチャージャー仕様の2台のデモカーを用意されています。
Kansaiサービスを訪れたら、迷わず助手席からぜひデモカーフォーリングを体感してください!

画像ギャラリー
















ショップ情報

株式会社 Kansaiサービス

住所 :〒632-0111 奈良県奈良市小倉町1080
TEL : 0743-84-0126     
FAX : 0743-84-0413
営業時間 / AM10:00~PM7:30
定休日 / 毎週木曜日・第二水曜日

https://www.kansaisv.co.jp/index.html
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!