ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
男子も女子も大満足!ダイハツ・キャスト(LA250系)が万人にオススメな5つの理由

男子も女子も大満足!ダイハツ・キャスト(LA250系)が万人にオススメな5つの理由

ダイハツ"キャスト"は、多様なニーズに対応した3つのバリエーションが存在する、トールワゴンタイプの軽自動車です。「生活を彩る自分仕様」をテーマに、SUV風やレトロ調、スポーツテイストの3種類から選択できるモデルで、現在も中古車市場で高い人気を獲得しています。

ダイハツ・キャスト(LA250系)とは

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア出典:https://www.daihatsu.co.jp/

キャストは、3つのバリエーションを1つのモデルで実現したクルマです。
クロスオーバーSUVテイストの「アクティバ」、レトロテイストの「スタイル」、スポーティテイストの「スポーツ」の3種類を設定。
基本的なパーツを共通化するとともに、各バリエーションごとに専用デザインを施したパーツを採用し、異なる個性を演出します。
デザインの好みに合わせてバリエーションを選択できるメリットが、キャストの特徴です。

ダイハツ・キャスト(LA250系)はどのような場面で活躍するクルマか

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア2出典:https://www.daihatsu.co.jp/

キャストは通勤や買い物などの日常使いからドライブまで、幅広く活躍するクルマです。

その理由は「低燃費」にあります。

キャストに搭載されているエンジンは、自然吸気(NA)仕様とインタークーラーターボ仕様の2種類。

NA仕様は、1リットルのガソリンで30㎞もの距離を走行可能な低燃費(※)を実現しています。

神奈川県の横浜から東京都の池袋までを1リットルのガソリンで走れる燃費を、キャストは実現しているのです。
(※)2WD仕様を選択した場合の数値

ダイハツ・キャスト(LA250系)のオススメポイントその1:軽量かつ高剛性を実現したボディバランス

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア3出典:https://www.daihatsu.co.jp/

LA250系キャストでオススメしたい1つ目のポイントは、ボディバランスです。

ダイハツが開発に注力する「フォースコントロール」によって、心地よい乗り味と快適な加速が楽しめます。

【キャストで採用されている足回りパーツ】

  • フロントサスペンション:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
  • リヤサスペンション:トーションビーム式コイルスプリング(2WD仕様)、3リンク式コイルスプリング(4WD仕様)
また、サスペンションの構造見直しや剛性をアップさせた効果により、無駄のないステアリング操作が可能。

ドライビングを快適にするセッティングが施されています。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ダイハツ・キャスト(LA系)のオススメポイントその2:大人4人乗車でもゆとりのあるボディサイズ

ダイハツ・キャスト(LA250系)室内イメージ

LA250系キャストでオススメしたい2つ目のポイントは、大人4人乗車でもゆとりのあるボディサイズです。

軽自動車の規格サイズを限界まで使ったことで、前後席の間隔に余裕を持たせ、高さと長さを両立させた車内空間を実現。

ダイハツ・キャスト(LA250系)シートスライド出典:https://www.daihatsu.co.jp/

リヤシートには分割式のスライド機能が採用されたことで、左右別々にスライドすることができるので、乗る人の体格に合わせて足元を広げることができます。

軽自動車であることを忘れてしまうような、ゆとりある空間がキャストの魅力の1つです。

ダイハツ・キャスト(LA系)のオススメポイントその3:レトロ調デザインを求めるなら「スタイル」

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア3出典:https://www.daihatsu.co.jp/

LA250系キャストでオススメしたい3つ目のポイントは、レトロ調バリエーションの「スタイル」です。

現在、新車販売が行われている唯一のバリエーション。

【キャスト「スタイル」に採用されている主なデザイン、パーツ】

  • メッキ加飾のバンパーモール(フロント/リヤ)
  • 15インチタイヤ
  • スエード調ファブリックシート
  • デザインフォルムトップ(クリスタル調/ホワイト)を採用したツートーンボディカラー
街中に馴染むオシャレなエクステリアと落ち着いた配色が施されたインテリアで、ツートーンを始めとした豊富なカラーバリエーションが設定されています。

軽自動車に上質さを求めるのなら、キャスト「スタイル」は最適な1台です。

ダイハツ・キャスト(LA系)のオススメポイントその4:雪道や山道も対応できる「アクティバ」

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア4出典:https://www.daihatsu.co.jp/

LA250系キャストでオススメしたい4つ目のポイントは、クロスオーバーSUVテイストの「アクティバ」です。

アクティバは残念ながら2020年で生産を終了しており、現在は中古車のみの流通となっています。

【キャスト「アクティバ」に採用されている主なデザイン、パーツ、装備】

  • 最低地上高:180mmに設定
  • 下回りを守る樹脂ガーニッシュ
  • 大径タイヤ(165/60R15)
  • ロアボディ(ガンメタリック塗装)
  • グリップサポート制御(4WD仕様標準装備)
  • DAC制御(4WD仕様標準装備)
クロスオーバーSUVテイストのデザインだけではなく、大きめタイヤの採用やサスペンションの変更、最低地上高の引き上げを施され、アクティバ独自のセッティングで雪道や泥沼で荒れた道でも走り抜ける力が磨かれています。
軽自動車規格のクロスオーバーSUVを求めるなら、キャストアクティバは最適な1台かもしれません。
会員登録すれば500ポイント付与

ダイハツ・キャスト(LA系)のオススメポイントその5:スポーツチューニングを施した「スポーツ」

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア5出典:https://www.daihatsu.co.jp/

LA250系キャストでオススメしたい5つ目のポイントは、スポーティテイストの「スポーツ」です。

残念ながら、スポーツは2020年に生産終了となり、現在流通しているのは中古車のみ。

【キャストスポーツで採用されている主なデザイン、パーツ、装備】

  • コイルスプリング、ショックアブソーバーを最適化させた専用サスペンションチューニング
  • 7速マニュアルモード付パドルシフト
  • MOMO製革巻きステアリングホイール(レッドステッチ)
  • レッドピンストライプ付エアロバンパー(フロント/リヤ)
  • 自発光式2眼メーター
デザインだけでなく足回りにも、高速道路やワインディングロード、山坂道で走りを楽しませてくれるスポーティなセッティングが施されています。

走りへのワクワク感がこみ上げてくるようなエアロパーツやパドルシフト付ステアリングホイールなど、軽自動車で走りをもっと楽しみたいなら、キャストスポーツはオススメの1台です。

ダイハツ・キャスト(LA250系)の中古車相場

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア6出典:https://www.daihatsu.co.jp/

2020年6月現在のダイハツ・キャスト(LA250系)の中古車相場は、以下のとおりです。

最低中古価格:49万8000円(2020年6月時点)
最高中古価格:178万円(2020年6月時点)
平均価格:118万8000円(2020年6月時点)

ダイハツ・キャスト(LA250系)の維持費

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア7出典:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツ・キャスト(LA250系)の、1年間にかかる維持費はいったいどの程度なのでしょうか。

この項目では、キャストのグレード スタイルX(CVT・FF仕様)を例に、維持費を計算してみました。

ガソリン代

使用燃料はレギュラーガソリンで、130円/Lと仮定して計算しています。

キャストのグレード スタイルX(CVT・FF仕様)の実燃費は平均で19.08km/Lです。
(出典:https://e-nenpi.com/enenpi/cartype/11859

この項目では、1年間の走行距離を9000kmと仮定します。

【ガソリン代計算式】
471(L)×130(円、ガソリンの値段)=61,320(円、年間のガソリン代)

キャストを1年間使用した場合のガソリン代は、年間9000km程度の走行で約60,000円程度と考えておきましょう。

自動車税

日本の自動車税は搭載されているエンジンの排気量で区分けされており、キャストの場合は「軽自動車税」に分類されます。

軽自動車税:10,800円

その他諸々の費用


ガソリン代や自動車税以外で、キャストにかかる費用を挙げてみました。
項目 費用
車検費用
・基本料金
・法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代)
79,450円
任意保険(主な条件)
・新規契約
・30歳以上
・ゴールド免許
・運転者・記名保険者とその配偶者に限定
・年間走行距離 9000km以下
・人身傷害:3,000万円(車内のみ補償型)
・対人対物賠償無制限
・車両保険なし
30,000円

キャストの年間維持費は約18万円

キャストの年間維持費は181,570円です。
ガソリン代 61,320円
自動車税 10,800円
車検費用(基本料金+法定費用) 79,450円
任意保険 30,000円
合計 181,570円
車検費用については自家用軽乗用車の場合、2年に1度の法的義務があるので、参考程度にしてください。

車検費用のうち法定費用は、車種を問わず固定でかかってくる部分なので、把握しておく必要があるでしょう。

また、任意保険は、条件により金額が異なるので注意が必要です。
会員登録すれば500ポイント付与

ダイハツ・キャスト(LA250系)スペック紹介

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア8出典:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツ・キャスト(LA250系)のスペックを簡単に紹介します。
 
全長 3.395mm
全幅 1.475mm
全高 1.600mm
燃費(JC08モード) 24.6~30.0km/L
駆動方式 FF/4WD
排気量 658cc
乗車定員 4名

まとめ

ダイハツ・キャスト(LA250系)エクステリア9出典:https://www.daihatsu.co.jp/

3つの異なるバリエーションを設定し、ユーザーに選択肢と活用方法を幅広く提供するLA250系キャスト。

アクティバ、スポーツは中古車でなければ手に入らないモデルとなってしまいましたが、中古車ならば今でも状態の良い車両を入手可能!

テイストを選べるメリットが、キャストの魅力です。

LA250系キャストで、皆さんのスタイルに合ったカーライフを送ってみはいかがでしょうか。
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!