ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
ワゴンだけどスポーツカー並みの走りを実現!マツダ・アテンザワゴンGJ系をおすすめする3つ理由

ワゴンだけどスポーツカー並みの走りを実現!マツダ・アテンザワゴンGJ系をおすすめする3つ理由

国産ステーションワゴンとして、高い評価を得ているマツダ アテンザワゴン。スポーツ性能と低燃費、そして高級感、すべてを高いレベルで実現させたアテンザセダンと同等の性能や機能が備わっています。そんなアテンザワゴンの魅力を、現行モデルGJ系に注目して解説します。

マツダ・アテンザ ワゴンGJ系とは

マツダ・アテンザワゴン GJ系 後期 外装© Mazda Motor Corporation

GJ系はマツダ アテンザの3代目モデルとして2012年から製造・販売されているモデルで、セダンとワゴンの2タイプがラインナップされています。
現在はアテンザのモデル名は廃止され、海外販売でのモデル名『マツダ6』に統一されました。
アテンザワゴンは、5人乗りのステーションワゴンモデルで、全長はセダンよりも60mm短縮された 4,805mm、ホイールベースも60mm短縮された2,750mm。
そのため最小回転半径はセダンより0.1m短い5.5mとなっており、セダンよりも若干短く小回りが利くクルマです。
エンジンは排気量2.0リッターと2.5リッターのガソリンエンジン、2.2リッターガソリンのディーゼルエンジンが設定されており、マツダ6に車名が変わった2019年7月の一部改良では、2.5リッターターボのガソリンエンジン搭載モデルが追加されました。

マツダ・アテンザワゴンGJ系の前期・中期・後期の違い

GJ系アテンザが2012年11月20日に発売されて以降、2013年11月に一部改良、2014年11月に大幅改良、2016年8月に商品改良、2018年5月に大幅改良、2019年7月に一部変更(モデル名『mazda6』に変更)が行われました。

この中で発売直後の車両を『初期型』、2014年11月大幅改良以降の車両を『中期型』、2018年5月大幅改良以降の車両を『後期型』に分けて呼ばれます。

初期型【2012年11月20日~2014年11月19日】

マツダ・アテンザワゴン GJ系 初期 外装前期型 外装 / © Mazda Motor Corporation
マツダ・アテンザワゴン GJ系 初期 内装前期型 内装 / © Mazda Motor Corporation
マツダ・アテンザワゴン GJ系 初期 内装前期型 内装 / © Mazda Motor Corporation

GJ系アテンザは登場時から、マツダの新世代技術『SKYACTIV(スカイアクティブ)』とデザインテーマ『鼓動』が採用されていました。

ガソリンエンジンを『SKYACTIV-G』、ディーゼルエンジンを『SKYACTIV-D』と呼び、エンジンにアイドリングストップ機構『i-stop』や減速エネルギー回生システム『i-ELOOP』が全車標準装備され、優れた燃費性能を実現。

安全性ではマツダ独自の先進安全技術『i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)』が採用されています。
会員登録すれば500ポイント付与

中期型【2014年11月20日~2018年6月20日】

マツダ・アテンザワゴン GJ系 中期 外装中期型 外装 / © Mazda Motor Corporation

マツダ・アテンザワゴン GJ系 中期 内装中期型 内装 / © Mazda Motor Corporation

マツダ・アテンザワゴン GJ系 中期 内装中期型 内装 / © Mazda Motor Corporation


中期型は鼓動デザインを更に磨き上げ、LEDシグネチャーを採用したヘッドランプとリアコンビネーションランプを搭載。

前期型よりもヘッドランプが細くつりあがったデザインとなりました。

また、i-ACTIVSENSEを進化させ、安全性の向上も果たしています。

内装には、電動パーキングブレーキ(EPB)とリアルタイムに変化する情報を表示する『アクティブ・ドライビング・ディスプレイ』が全車標準装備され、コネクティビティシステム『MAZDA CONNECT(マツダ コネクト)』がオプション設定されたのも中期からでした。

後期型【2018年6月21日~】

マツダ・アテンザワゴン GJ系 後期 外装後期型 外装 / © Mazda Motor Corporation

マツダ・アテンザワゴン GJ系 後期 内装後期型 内装 / © Mazda Motor Corporation

マツダ・アテンザワゴン GJ系 後期 内装後期型 内装 / © Mazda Motor Corporation

後期型の外装は、フロントグリルのデザイン変更や、ヘッドランプを薄くワイドなデザインに変更、19インチ・17インチアルミホイールに新デザインが採用されました。

上級グレードの上級機種『25S L Package』『XD L Package』は、日本の伝統と先端技術により生まれた新素材『Ultrasuede®nu(ウルトラスエード ヌー)が量産車に世界初採用され、 栓(セン)の木を使用した本杢(ホンモク)パネルやナッパレザーなど、本物の素材にこだわった日本の伝統美に通ずる色合いを表現しています。

内装のデザインが前期から中期で大きく変わりましたが、中期から後期ではさらに高級感が増しています。

また、i-ACTIVSENSEは『アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付』、『360°ビュー・モニター』、全車速対応の追従を可能とした『マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)』が追加され、安全性とドライビングアシスト機能の性能アップも果たしました。

マツダ・アテンザ ワゴンGJ系のおすすめポイント1:スポーツカーのような運動性能

マツダ・アテンザワゴン GJ系 外装© Mazda Motor Corporation

アテンザワゴンは、ステーションワゴンタイプの車両でありながら優れたスポーツ性能をもっています。

座ったときは着座位置が極めて低く、シートには高いホールド感が備わっています。

さらに、3つの大径メーターが独立して並ぶメーターパネルのデザインが、プレミアムスポーツカーに乗っているような感覚を演出。

SKYACTIVエンジンもパワーと燃費を両立させ、トルクフルなディーゼルエンジンは低回転域でクルマをグイグイ前に進めます。

ガソリンエンジンはアクセルを踏み込むと高回転域までスムーズに吹け上がり、特に2.5リッターターボエンジンを搭載する、25T S Packageは4リッターV8エンジン並みのトルクと、意のままにクルマを操れるリニアな加速感を実現。

車両の減速・旋回・加速に応じて、前輪左右タイヤを独立して駆動力を調整するG-ベクタリング コントロールや、最適なステアリングフィールを生み出す電動パワーステアリングなど、マツダがロードスターで提唱する『人馬一体』の走りがアテンザワゴンでも具現化されています。
会員登録すれば500ポイント付与

マツダ・アテンザ ワゴンGJ系のおすすめポイント2:SUV並みの走破力を誇る4WD

マツダ・アテンザワゴン GJ系 4WDシステム エンジン© Mazda Motor Corporation

ステーションワゴンなら、大きな荷物をいっぱいラゲッジルームに詰め込んで、アウトドアに行くために使いたい方も多いはず。そうなればSUVのような高い走破性も必要になってきます。

そこでおすすめなのが、XDシリーズで設定されている4WD仕様です。

アテンザワゴンには電子制御カップリングを用いたオンデマンド式4WDが採用されており、通常走行時には前輪駆動、滑りやすい路面や加速時も後輪駆動が使われます。

また、圧雪やアイスバーンで加速や坂道発進をするときも、4輪全てが地面をとらえてタイヤのスリップを極力抑えてくれます。

雪道だけでなく、砂道や未舗装路でも、最低地上高のクリアランスが保てる凹凸の範囲内であれば、SUV並みの駆動力を発揮してくれるのです。
 

マツダ・アテンザ ワゴンGJ系のおすすめポイント3:予防安全と運転支援システム


© Mazda Motor Corporation

アテンザワゴン全車に標準装備されているi-ACTIVSENSEは、衝突をあらかじめ抑制する予防安全や、ドライビングをサポートしてくれる運転支援システムまで、ありとあらゆる機能が搭載されています。
i-ACTIVSENSE
機能 概要
クルーズコントロール 約30~100km/hの範囲で走行中、アクセルを踏まずに 設定速度での定速走行が可能です。
交通標識認識システム(TSR) 走行中にカメラで速度制限、進入禁止、一時停止、追い越し禁止、はみ出し禁止の交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示します。
ドライバー・アテンション・アラート(DAA) エンジン始動後、車速が約65km/hを超えると作動し、疲れていない状態でのドライバーの運転とクルマの動きを学習。その後、学習したデータと実際の運転状況に大きな違いが出ると、ドライバーに休憩を促します。
アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付 先行車や前方の歩行者をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、 ブレーキを自動制御して衝突回避をサポートします。
スマート・ブレーキ・サポート(SBS) 約15km/h以上で走行中、先行車を捕捉して、衝突の危険があるときにドライバーへ音や表示で警告。さらにはブレーキを自動制御し、衝突時の被害軽減や衝突の回避をサポートします。
AT誤発進抑制制御[前進時] 前方の障害物をカメラやフロントの超音波センサーで検知し、約10km/h以下での徐行前進や停車時の際に、ペダルの踏み間違いなどによる誤発進・急加速を抑制します。
リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA) 駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告し、安全確認をサポートします。
360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー 車内のセンターディスプレイに、車両を上方から俯瞰したようなトップビューや、フロントビュー、リアビュー、左右サイドビューを表示。リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)や8つのパーキングセンサーで対象車両や物を検知して知らせる警報音とともに、目で認識しづらいエリアの安全確認をサポートします。
リアパーキングセンサー(センター/コーナー) リアバンパーの超音波センサーで近距離の静止物を検知し、警告音でドライバーに知らせます。
アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH) ヘッドランプは、高い遠方照射性、車速に合わせた3パターンのハイビーム配光制御、ステアリングを切る角度に応じてヘッドランプの向きを6段階に可変させる機能をもっています。夜間走行時の視認性を高め、ドライバーの危険認知をサポートします。
車線逸脱警報システム(LDWS) 車両が車線から逸脱しそうであると判断すると、ステアリング振動またはランブルストリップス音やビープ音によってドライバーへ注意を促します。
レーンキープ・アシスト・システム(LAS) 約60km/h以上で走行中、車線逸脱を防ぐためにステアリングをアシストする「逸脱回避支援(遅い)」、または、車線の中央やカーブに沿って走るようアシストする「ライントレース(早い)」の機能が選べます。

マツダ・アテンザ ワゴンGJ系の維持費

自賠責保険証明書出典:写真AC
会員登録すれば500ポイント付与

車検代

車検を依頼する際は、お店や整備工場によって料金はまちまち。

仮設定は、都内のマツダディーラーで車検を依頼した場合で、基本料金はマツダジャストフィット車検の年間走行距離1万キロ以下の車両を対象とした『アクティブコース』としましょう。

これに法定費用を含めた金額が車検時に必要で、金額は61,180~93,980円です。
 
20S/25S XD
自動車重量税(円) 32,800 初回継続車検:免税
2回目以降:32,800
自賠責保険(円) 21,550
印紙代(円) 1,200(指定工場)
保安基準適合検査料(円) 7,350
車検申請代行料(円) 10,500
【アクティブコース】基本料金(円) 20,580
合計(円) 93,980‬ 初回継続車検:61,180
2回目以降:93,980‬
参考:東京マツダ( https://www.tokyo-mazda.com/service/info/mj/price.html )

ここで示した車検費用は故障個所の修理や部品代、消耗品交換がない最低ラインの金額のため、実際はこれにメンテナンス費や部品代や技術料が加わります。

また、この金額は基準として見ていただき、実際の価格に多少差が生じることに注意してください。

燃料代

年間1万キロ走行した際のガソリン代は、実燃費とガソリン価格から58,579~107,272円です。
 
20S 25S XD
リッターあたりガソリン価格(円)【使用燃料】 118【レギュラー】 118【レギュラー】 99【軽油】
実燃費(km/L) 前期:13.9
後期:13.1
前期:11.2
後期:13.5
前期:14.8
後期:16.8
年間ガソリン代(円) 前期:84,892
後期:90,076
前期:105,357
後期:87,407
前期:66,891
後期:58,928
実燃費:モタガレ調べ
ガソリン/軽油価格:2020年6月8日時点の全国平均価格

なお、紹介した実燃費はモタガレ調べのため、実際には乗り方や使用場面によって実燃費が異なり、リッターあたりのガソリン価格も変化するため、年間ガソリン価格も多少異なってきます。

自動車保険料

自動車保険料は以下の加入条件で加入すると、20Sが95,200円、25Sが85,200円、XDが100,800円になります。

年齢:30歳以上
等級:12等級
年間走行距離:11,000km
免許の色:ゴールド
運転者限定:家族限定
運転者の年齢制限:30歳以上
保証:対物対人無制限
車両保険:つける

なお、大まかな見積もりなので、実際には保険加入すると多少の違いが出てきます。
会員登録すれば500ポイント付与

合計

年間維持費は、自動車税、車検費用、ガソリン、自動車保険料の4つの合計です。
 
20S 25S XD
自動車税(円) 39,500 45,000 45,000
車検費用(円)※2年車検を1年分に換算 ‬46,990 46,990 46,990
ガソリン代(円) 前期:84,892
後期:90,076
前期:105,357
後期:87,407
前期:66,891
後期:58,928
自動車保険代(円) 95,200 85,200 100,800
合計(円) ‬前期:266,582
後期:271,766
前期:282,547‬
後期:264,597‬
前期:259,681
後期:251,718‬
(初回継続車検から2回車検の間なら
前期:226,881
後期:218,918‬)

おおまかな見積もりになるため、実際はこの金額から前後すると思われますが、年間維持費は30万円ぐらいを見ておくべきでしょう。

マツダ・アテンザ ワゴンGJ系の中古車価格相場

マツダ・アテンザワゴン GJ系 外装Photo by Guillaume Vachey
 
年式別中古車相場
年式 XD 20S 25S
2012年 78.8~148万円 62.8~116万円 45.8万円
2013年 50~180万円 39~179.8万円 64~145万円
2014年 49.8~169.8万円 68.7~181.4万円 113~145.9万円
2015年 69.9~238万円 98.9~189.4万円 99.9~179.5万円
2016年 109.8~259.9万円 76.8~199.9万円 158~179.7万円
2017年 113~274.8万円 91.8~213.8万円 202.5~268万円
2018年 229~339.9万円 - 237.6~258万円
2019年 264.4~329.9万円 - 239~281.6万円
走行距離別中古車相場
走行距離 XD 20S 25S
0~3万キロ 89.9~345万円 129.9~265万円 99.9~281.6万円
3~5万キロ 75.8~113.8万円 95.8~209万円 73.8~223万円
5~10万キロ 51.8~214.8万円 62.8~138.9万円 99.9~158万円
10~15万キロ 50~118万円 39万円 45.8~69.8万円
15万キロ~ 104万円 - -
参考:グーネット|2020年6月8日時点

GJ系アテンザワゴンは、セダンよりも若干タマ数は少ないものの、ディーゼルエンジンのXDはそこそこの台数が流通しているため、自らの希望に沿った中古車両が見つかりやすい状況です。

しかし、流通量がセダンより若干劣るせいか、相場はセダンよりも高め。

特に、ガソリン車の20Sや25Sあたりはタマ数が少ないため、探すことが難しく、中古車価格も割高です。

中古車市場で最も多いのが、2013年~2015年までの間に販売されていたXD。

100万円以下購入できる中古車両も多く販売されているため、手軽にスポーツワゴンを楽しみたい方は、GJ系アテンザワゴンを探してみてはいかがでしょうか。

マツダ・アテンザ ワゴンGJ系のスペック

マツダ・アテンザワゴン GJ系 外装© Mazda Motor Corporation
 
20S 25S 25T XD
車両型式 6BA-GJEFW 6BA-GJ5FW 5BA-GJ5FW 3DA-GJ2FW
駆動方式 FF FF/4WD
全長×全幅×全高(mm) 4,805×1,840×1,480
ホイールベース(mm) 2,750
最低地上高(mm) 160
乗車定員(名) 5
車両重量(kg) 1,530 1,560 1,590 6AT:1,630、6MT:1,610
【6AT:1690、6MT:1,680】
エンジン型式 PE-VPR PY-RPR PY-VPT GH-VPTR
エンジン種類 直列4気筒DOHC16バルブ 直列4気筒DOHC16バルブターボ 直列4気筒DOHC16バルブディーゼルターボ
総排気量(L) 1.997 2.488 2.498
内径×行程(cm) 83.5×91.2 89.0×100.0 86.0×94.2
最高出力(kW[PS]/rpm) 115[156]/6,000 140[190]/6,000 169[230]/4,250 140[190]/4,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 199[20.3]/4,000 252[25.7]/4,000 420[42.8]/2,000 450[45.9]/2,000
トランスミッション 6AT 6AT/6MT
タンク容量(L) 62 62【52】
JC08モード燃費値(km/L) 15.0 14.2 12.4 6AT:17.8、6MT:19.6
【6AT:17.0、4WD:18.8】
グレード、新車販売価格
グレード エンジン 価格
20S 2.0ガソリン 2,893,000円~
20S PROACTIVE 3,091,000円~
25S L Package 2.5ガソリン 3,635.500円~
25T S Package 2.5ガソリンターボ 4,317,500円~
XD 2.2ディーゼルターボ 3,311,000円~
XD PROACTIVE 3,509,000円~
XD L Package 4,053,500円~
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

マツダ・アテンザワゴン GJ系 外装© Mazda Motor Corporation

国内市場のステーションワゴンカテゴリーにおいて、日本メーカーから販売されるモデルは限られます。

SUVのシェアが伸びたことで、その引き換えにいくつかのステーションワゴンタイプのモデルが廃盤となりました。

それでもマツダはフラグシップモデルのアテンザシリーズにセダンとワゴンを登場させた、数少ない国産モデルのステーションワゴンタイプ・ロードスポーツモデルです。

一方、欧州メーカーは主力セダンモデルにはステーションワゴンも設けており、市場としての需要も大きくなっています。

そのため、アテンザが欧州で大ヒットできたのは、セダンだけでなくステーションワゴンも設定したことが理由のひとつにあげられます。

スタイルや性能においての評判が良く、前期型から中期型や後期型に買い替える方も多いなど、世界中のユーザーを魅了するクルマ。

そんな世界基準で作られたアテンザワゴンは、あなたのカーライフをより充実させてくれるでしょう。
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!