ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中

ホンダ・バモス(HM系)とは

ホンダ・バモス(HM系)スタイリング出典:https://news.honda.co.jp/

バモスは、1999年にHM系が登場して以降、2018年まで生産され続けたホンダの人気軽自動車です。

車名は、スペイン語の「VAMOS」(「さあ、行こう!」の意味を持つ)に由来しています。

四角形をモチーフに、各所にデザインが取り入れられ、街や山、海や川など、思い浮かぶ場所すべてで頼もしさを発揮。

ワクワク感を感じさせてくれる軽1BOXとして、多くのユーザーに親しまれています。

ホンダ・バモス(HM系)はどのような場面で活躍するクルマか

ホンダ・バモス(HM系)インテリア出典:https://news.honda.co.jp/

バモスは、買い物やレジャーで人や荷物を運ぶ際に、活躍するクルマです。

その理由は「車内空間の広さ」にあります。

エンジンを車体後部床下に配置した「ミッドシップ・後輪駆動(MR)」レイアウトを採用。

フロントのボンネットやフロントシート下にエンジンを配置しない設計により、車内の長さを確保しつつ、フロアが低く抑えられています。

加えて、フロアが平らに作られているので、リヤシートの足下を広く確保。

大人でもゆったり過ごせる空間を実現しています。
 

ホンダ・バモス(HM系)のオススメポイントその1:迫力満点のスタイリング

ホンダ・バモス(HM系)スタイリング2出典:https://news.honda.co.jp/

HM系バモスでオススメしたい1つ目のポイントは、スタイリングです。

四角形をモチーフに、角のあるとがったデザインは迫力満点。

ひと目見ただけで、車内の広さを予感させてくれるでしょう。

正方形に似たフロントフォグランプや横に広がったフロントグリル、縦に長いリヤコンビランプは、バモスであるとすぐに判別可能。

車体を低く構え、強さを感じさせるスタイリングに仕上がっています。
会員登録すれば500ポイント付与

ホンダ・バモス(HM系)のオススメポイントその2:多彩なシートアレンジ

ホンダ・バモス(HM系)インテリア2出典:https://news.honda.co.jp/

HM系バモスでオススメしたい2つ目のポイントは、シートアレンジです。

フルフラットにして車中泊をする、自転車を積み込めるようにリヤシートを前へ倒す、6:4分割の可倒式リヤシートを活用して助手席側をフルフラットにするなど、幅広い使い方が可能。

乗車人数や荷物量に合わせたシートアレンジができます。

ホンダ・バモス(HM系)のオススメポイントその3:静粛性と走りの質を高めた駆動方式「ミッドシップレイアウト

ホンダ・バモス(HM系)リヤエンジン出典:https://www.honda.co.jp/

HM系バモスでオススメしたい3つ目のポイントは、駆動方式です

バモスは、「ミッドシップエンジン・後輪駆動」レイアウトを採用。

エンジンやトランスミッションが車体中央から後方にかけて配置されているので、重力バランスが良くなり、コーナリング時の安定感が向上しています

加えて、エンジンをドライバーや乗員から遠くに配置しているので、ノイズも静かで快適な車内環境を実現。

運転席の後部にエンジンが配置される仕組みで、F1マシンのような走りを味わえるでしょう。

ホンダ・バモス(HM系)のオススメポイントその4:「わかりやすさ」を重視したインパネデザイン

ホンダ・バモス(HM系)インテリア出典:https://news.honda.co.jp/

HM系バモスでオススメしたい4つ目のポイントは、インパネデザインです。

エアコンディショナーは、スイッチ類が大きめに設計され、操作のしやすさを優先。

手軽に風向きや風量、温度調節をすることができます。

速度メーターは、金属調文字盤にブルーの照明を採用。

わかりやすさと見やすさを重視した表示で、安全な運転をサポートしてくれるのです。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ホンダ・バモス(HM系)のオススメポイントその5:ハイルーフタイプの「ホビオ」

ホンダ・バモス(HM系)バックドア出典:https://news.honda.co.jp/

HM系バモスでオススメしたい5つ目のポイントは、ハイルーフタイプのグレード「ホビオ」の存在です。

【ホビオの主な特徴】

  • バモスのノーマル仕様より105mm車高上昇
  • 穴あけ加工なしでボルトを取り付けられる「ユーティリティナット」を標準装備
  • ショッピングバッグなどを引っ掛けられる「ユーティリティフック」を用意
  • はっ水加工を施したシート表皮を採用

ノーマル仕様のバモスと比較して車高がアップされ、車内空間の広さを実現。

車内では収納にひと工夫が与えられるフック類を充実させたほか、はっ水加工のシートを装着することで、利便性を高めています。

日常の買い物だけでなくレジャーでも活躍する装備が備えられ、中にはキャンピングカー仕様に改造するユーザーが現れるほどの人気グレードとなっています。

ホンダ・バモス(HM系)の中古車相場

ホンダ・バモス(HM系)荷室イメージ出典:https://news.honda.co.jp/

2020年6月現在のホンダ・バモス(HM系)の中古車相場は、以下のとおりです。

【バモス】
最低中古価格:1000円(2020年6月時点)
最高中古価格:159万円(2020年6月時点)
平均価格:31万9000円(2020年6月時点)

【バモスホビオ】
最低中古価格:8万円(2020年6月時点)
最高中古価格:198万円(2020年6月時点)
平均価格:47万7000円(2020年6月時点)

ホンダ・バモス(HM系)の維持費

ホンダ・バモス(HM系)スタイリング3出典:https://news.honda.co.jp/

ホンダ・バモス(HM系)の、1年間にかかる維持費はいったいどの程度なのでしょうか。

この項目では、バモスのグレード、ホビオ ターボ(MR、4速AT仕様)を例に、維持費を計算してみました。

ガソリン代

使用燃料はレギュラーガソリンで、130円/Lと仮定して計算しています。

バモスのグレード、ホビオ ターボ(MR、4速AT仕様)の実燃費は平均で12.82km/Lです。
(出典:https://e-nenpi.com/enenpi/cartype/2104

この項目では、1年間の走行距離を9000kmと仮定します。

【ガソリン代計算式】
702(L)×130(円、ガソリンの値段)=91,262(円、年間のガソリン代)

バモスを1年間使用した場合のガソリン代は、年間9000km程度の走行で約90,000円程度と考えておきましょう。

自動車税

日本の自動車税は搭載されているエンジンの排気量で区分けされており、バモスの場合は「軽自動車税」に分類されます。

バモスのグレード、ホビオ ターボ(MR、4速AT仕様)は、以下の金額が課税されます。

軽自動車税:10,800円

その他諸々の費用


ガソリン代や自動車税以外で、バモスにかかる費用を挙げてみました。
項目 費用
車検費用
・基本料金
・法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代)
79,450円
任意保険(主な条件)
・新規契約
・30歳以上
・ゴールド免許
・運転者・記名保険者とその配偶者に限定
・年間走行距離 9000km以下
・人身傷害:3,000万円(車内のみ補償型)
・対人対物賠償無制限
・車両保険なし
36,000円

バモスの年間維持費は約22万円

バモスの年間維持費は217,513円です。
ガソリン代 91,263円
自動車税 10,800円
車検費用(基本料金+法定費用) 79,450円
任意保険 36,000円
合計 217,513円
車検費用については自家用軽乗用車の場合、2年に1度の法的義務があるので、参考程度にしてください。

車検費用のうち法定費用は、車種を問わず固定でかかってくる部分なので、把握しておく必要があるでしょう。

また、任意保険は、条件により金額が異なるので注意が必要です。
会員登録すれば500ポイント付与

ホンダ・バモス(HM系)スペック紹介

ホンダ・バモス(HM系)シート倒した状態出典:https://news.honda.co.jp/

ホンダ・バモス(HM系)のスペックを簡単に紹介します。
 
全長 3.395mm
全幅 1.475mm
全高 1.755~1.880mm
燃費(JC08モード) 14.6~16.8km/L
駆動方式 MR/4WD
排気量 658cc
乗車定員 4名

まとめ

ホンダ・バモス(HM系)レジャーイメージ出典:https://news.honda.co.jp/

ミッドシップエンジン・後輪駆動方式を採用し、車内空間の広さが最大限に確保され、買い物やレジャーに遊び尽くせる軽1BOXとなったHM系バモス。

追加されたハイルーフ仕様のホビオや、自然吸気(NA)とターボ付の2種類より選択できるエンジンなど、幅広いチョイスが可能です。

2018年に生産が終了してしまい、入手方法は中古車のみですが、軽1BOXで遊び尽くしたいならば、この1台!

HM系バモスで楽しく毎日を過ごしてみませんか。
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!