ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
400万円で始められる憧れのバンライフ生活!キャンピングカーの中が北欧の部屋!!

400万円で始められる憧れのバンライフ生活!キャンピングカーの中が北欧の部屋!!

2019年2月1日(金)〜3日(日)の3日間、千葉県の幕張メッセで開催されていた『ジャパンキャンピングカーショー2019』へ行ってみました。
キャンパーにも人気のトヨタ・ハイエースの新たな方向性として、世界中で人気の"バンライフ"カスタムが施されたデモカーを展示していたSEDONA Vanlife project(WORKVOX)のブースにモタガレ編集部は注目!
バンライフってどんなカスタムなのか?キャンピングカーとはどのように違うのか?また、気になるお値段などを同社のコンサルティンググループマネージャーの田中将太さんに聞いてみました!

いざ、キャンピングカーの祭典へ!


2019年2月1日(金)〜3日(日)の3日間、千葉県の幕張メッセで開催されていた『ジャパンキャンピングカーショー2019』へモタガレ編集部も行ってきました。

日本全国から最新のキャンピングカーが一同に集う、いわばキャンピングカーのオートサロンのようなイベントです。

来場者の服装もアウトドアギアに身を包んだ方が多く、ペットの入場もOKということで、愛犬と一緒に最新キャンピングカーを楽しんでいる方も多かったです。

豪華なキャンピングカーが出揃う会場内で、ひときわ異彩を放ち、来場者からも注目を浴びるブースを発見!

自動車の二次架装を得意とする、京都府京田辺市のWORKVOX(ワークヴォックス)です。

今回は"バンライフ"というライフスタイルを提案するセドナ・バンライフプロジェクトからタイプ3とレイクサイドの2台を出展していました。

気になるキャンピングカーを発見!

こちらはセドナ・タイプ3 / ©︎モタガレ

昨年は福祉車両に架装されたハイエースを展示していたワークヴォックスでしたが、今年はバンライフを提案するセドナシリーズから2台を展示していました。 

アメリカ西部の4大ボルテックスで有名なアリゾナ州にある街『セドナ』から名前を取ったという両モデルですが、雄大なセドナの土地で自分らしい豊かな時間を過ごせるように、という想いが込められているのだとか。

タイプ3は6人乗車可能なタイプ。無垢のウォールナットでフローリング化されているのが特徴。 / ©︎モタガレ

特にセドナシリーズの新作にあたる『レイクサイド』は来場者からも注目を浴びており、まるで北欧の部屋のようなシンプルで明るい内装や、洗面台なども備え付けた勝手の良さそうなレイアウトは女性人気が高かったようです。

レイクサイドはその名の通り湖畔で過ごすひと時をイメージして作られており、カップルや夫婦に向けた1台となっているそう。
クルマの脇にブースを設営することで、炊事も捗りそうなスライドアウトテーブルなどを備えています。

初お披露目となった新作のレイクサイドは2人で使うことを想定。本物の木材をふんだんに使い、明るい空間が作られていた。 / ©︎モタガレ


レイクサイドのデモカーはキャンピングカーショーに向けて制作されたそうで、三日前に完成したばかりの出来立てホヤホヤの状態で持ち込まれました。

このセドナシリーズは近年、欧米の若い世代を中心に人気が広まっているという"バンライフ"というライフスタイルを表現したシリーズとなっているそうです。

あまり日本では聞き馴染みのない"バンライフ"とは一体どんな暮らしのことを指すのでしょうか?

豊かさと豪華であることは比例しない

©︎モタガレ

都市生活から抜け出して、バン1台に必要最低限のものだけを詰め込んで自由に生活するのがバンライフの考え方なのだそうです。

"バンライフ"という文化は現在、欧米の若い世代を中心に広まっており、インスタグラムなどで検索してみるとその投稿の多さと人気に驚くと思います。

基本的には自分たちでバンを作り上げ、車中泊できるようにカスタムするのですが、その際に無垢の木材をつかって、カッコよく仕上げるのがバンライフの共通事項なのだとか。

決して背伸びはせず、自分たちの手の届く範囲内でアウトドアを楽しむ等身大のスタイルや、心の豊かさに重きをおく日本の若い世代にも伝播していくと思った、と田中さんは語ります。

また、そのバンライフというライフスタイルを日本に広めたい!という田中さんの想いから生まれたのがセドナシリーズです。

モノの豊かさより、豊かな時間を過ごしたいと考える人は注目しておきたいバンライフ。

興味が湧いた方はインスタグラムなどをご参考に、バンライフにチャレンジしてみるのもアリかも……!?
 

400万円から始められるバンライフ!

小さいお子さんであれば、レイクサイドでも3人で寝ることも可能。 / ©︎モタガレ

日本でバンライフを始めたい方にとって注目のセドナシリーズですが、現在はまだこれから販売開始されていくというタイミング。

気になる車両販売価格ですが、200系ハイエースで新車コンプリートカーが398万円からを予定しているとのこと(2WDガソリンのベースグレードで)。

また、既に200系ハイエースに乗ってるオーナーに向けて、ゆくゆくは車両持ち込みのコンバージョン対応も考えているそうなので、気になった方は続報に期待したいですね!
 

お問い合わせ先

まるでクルマの中とは思えないレイクサイドの車内 / ©︎モタガレ

セドナシリーズのお問い合わせに関しては、以下の販売代理店にご連絡ください!とのことです。
 
[SEDONA 販売代理店はコチラ!]

株式会社アップルカーセールス NACSハイエース店
HP:https://www.nacs-group.net/

株式会社 デルタリンク
HP:https://www.delta-link.co.jp/

株式会社 キャンピングカーランド
HP:http://www.campingcarland.co.jp/

株式会社 フレックス・ドリーム
HP:https://www.flexdream.jp/

※お住まいの近くの店舗にお問い合わせください!
 
WORKVOX 本社工場

住所:〒610-0311 京都府京田辺市草内橋折 55-1
TEL: 0774-63-7600
FAX: 0774-63-7601
E-MAIL:sales@workvox.co.jp
HP: http://workvox.co.jp/

まとめ

今回お話を伺ったセドナシリーズの発起人、田中さん(右)と同社の藤田さん(左) / ©︎モタガレ

筆者自身も、今回の取材を通して初めて知った『バンライフ』の世界でしたが、まず素直に感じたのは「キャンピングカーじゃなくてバンでも全然いいな」ということ。

まるで自室にいるような感覚で、お気に入りの空間ごと移動できる愉しさが実現できるのはバンならではです。

豪華なキャンピングカーと違って見た目は普通のバンだから、日常の買い物なんかにスーパーへ行っても目立つことはありませんし、休日は日常を抜け出せる移動する部屋として立派に機能します。 

オンとオフの切り替えをしたい人、1人の時間、家族との時間や大切な人と過ごすひと時を特別なものにしたい人にとってお買い得な1台だと、私は思いました。

Ordinary Life  →   Vanlife
    (日常)   →  (バンライフ)

この記事をシェアする!