30アルヴェルが化ける!派手すぎないエアロが高級感を高める!?

30アルヴェルが化ける!派手すぎないエアロが高級感を高める!?

2015年に3代目へモデルチェンジをしたトヨタ・アルファード(30系)は、2017年12月にマイナーチェンジを行い後期型へ。

姉妹車のヴェルファイアと共に高級ミニバン市場を席巻しており、多くのユーザーから人気を集めています。

大阪府東大阪市に店舗を構えるHearts(ハーツ)事業部は、ハイエースやキャラバン(NV350)のドレスアップパーツをリリースしていましたが、ついに30系後期型アルファード/ヴェルファイアのパーツ開発に着手。

シンプルにまとめ上げられたハーツのアルヴェルデモカーはどのように仕上げられてきたのでしょうか?ご紹介します!

トヨタ・アルファード(30系)の魅力とは?

出典:https://toyota.jp/

2002年に初代がデビューしてから13年、2015年1月に3代目へとフルモデルチェンジをしたトヨタ・アルファード(30系)。

ライバル車に対抗するべく、姉妹車ヴェルファイアとの2枚看板で高級ミニバン市場を席巻しています。

「大空間高級サルーン」の開発テーマのもと、エクステリアの意匠はもちろんのこと、サスペンション方式を先代20系のトーションビーム方式からスポーツカーなどで採用されるダブルウィッシュボーン方式を採用し、室内空間の拡大と、乗り心地、操舵安定性が向上しました。

30系アルファード(ヴェルファイア含む)の魅力といえば、やはり大柄なボディとインテリアの豪華さで、高級感の演出はモデルが変わるごとに質感が向上しています。

また30系のエクステリアは、大人しめのベースグレードとアグレッシブなエアログレードとで分けられており、純正エアロでも大きく印象に変化を与えていることも特徴。

400万円以下で購入できるガソリンモデルから、ハイブリッド搭載モデル、700万円を超える本革シートを仕様した高級グレード、さらには車両価格1,500万円を超えるVIP向けの4人乗りコンプリートカーという、幅広いラインナップがあるのでニーズに合うグレードを選ぶことができるのです。

 

Feel/Hearts事業部とは?

©️モタガレ

大阪府東大阪市に本社を構えるFeelのドレスアップパーツブランド、Hearts(ハーツ)。

母体となるFeelは2000年1月に中古車販売店として創業し、ハイエース・キャラバンを中心に事業展開を行なっていきます。

その中で2012年にドレスアップパーツブランドのハーツを設立して、独自のカスタムパーツをリリース。

エアロパーツはもちろん、アルミホイールやLEDパーツ、サスペンション、シートカバー、ベッドキットに至るまで、ハイエース・キャラバンをトータルコーディネートできるパーツをラインナップ。

新車・中古車のコンプリートカー販売とともに、ハイエース・キャラバンをオシャレに楽しむカスタムパーツを続々と発売しています。

そんなハーツですが、2019年には30系後期型アルファード・ヴェルファイア向けのドレスアップパーツを発売!

ハイエース・キャラバンで培った経験を活かし、純正にちょい足しテイストのオシャレなドレスアップパーツが用意されているんです!
 

Hearts 30系アルファード・ヴェルファイアの魅力

Hearts アルファード(30系後期型) / ©️モタガレ

Hearts ヴェルファイア(30系後期型) / ©️モタガレ

2019年の東京オートサロンを皮切りに発表されたハーツの新しいデモカー、30系アルファード・ヴェルファイア。

エアログレードをベースに純正エアロだけでは足りない部分を足した、スリッパータイプのエアロを採用しました。

「純正に足りないところ足して、良さを引き出す」というコンセプトのもと、派手過ぎない、でも純正とは異なるテイストを追加。

また、インテリアにもハーツのこだわりが詰め込まれており、トヨタ純正オプションには無いパーツを多数ラインナップし、より質感の高い高級感を演出しているのです。

 
会員登録すれば500ポイント付与

Hearts アルファード/ヴェルファイア(30系後期型)の装着パーツをご紹介!

Hearts 30系後期型アルファード/ヴェルファイアのエアロはコレ!

©️モタガレ

エアログレード専用となるハーツの30系後期型アルファード・ヴェルファイア用フロントスリッパーは、純正の丸みを帯びたバンパーエンドにエッジ感を与える、控えめながらも存在感のあるエアロです。

シンプルなデザインである故、他メーカーと差別化することには特に拘って作られており、少ない面積の中でもハーツが考える「純正に足す」コンセプトが盛り込まれたデザインに仕上がっています。
   



©️モタガレ

アルファードとヴェルファイアは姉妹車であるので、サイドとリアは共通のエアロパーツとなります。

ハーツのサイドスリッパーは、フロア下に取り付けるタイプで、ドアの開閉に影響を受けないのでシンプルなデザインの一枚物。

他メーカーにはドアに貼り付けるタイプのサイドスカートもありますが、ドアに貼り付けると運転席・助手席前方部分を開閉のためにクリアランスを設ける必要があり、その部分だけ凹ませる必要があります。

それとは違い、フロア下に取り付けられることで、ミニバンらしい箱感はそのままに、サイドビューをスッキリとさせた印象としたまま、フロントから繋がるラインを演出しているのです。
 


©️モタガレ

リアバンパーのサイドに装着されるリアスリッパーは、真後ろから見ると存在感はあまり感じられないものの、フロント、サイドから繋がるスリッパーのラインの延長線にあり、より一体感を魅せるために必要となります。

存在感は控えめですが、リアスリッパーがあるのと無いのとで見た目では大違い!

是非フロント、サイド、リアの3点セットで装着したいパーツです。
 

 

同じクオリティで純正よりも安い!ドアバイザーもラインナップ!

©️Hearts

ハーツのドアバイザーは純正と同じ形状ながら、純正と比べて半額近い価格で購入できることがポイントです。

安いからといって寿命が短いわけではなく、強度も確保されておりむしろお買い得と言えるパーツ。

30系アルファード・ヴェルファイアを新車で購入する場合、ディーラーオプションでドアバイザーを付ける人が多いかと思われますが、あえてオプションではなく、ハーツのドアバイザーを選ぶのも賢い購入手段と言えます!

 

乗り降りをもっと楽にするアシストグリップ

©️Hearts

運転席や助手席の着座位置が高い30系アルファード・ヴェルファイアには純正でアシストグリップが付いています。

しかしながら、Aピラーと同色となっている点や、樹脂パーツであるため質感的に安っぽく感じる上滑りやすいことがネックです。

ハンドルと同じくらい手に触れるものなので、材質にもこだわりたいところ。

ハーツのアシストグリップはPVCレザーで作られているので、肌触りもよく滑りにくいことが特徴です。

取り付けも簡単で、DIY作業で誰でも交換することができ、手軽に交換できるのもメリット。

既にあるものなので今のままでも十分と思われがちですが、レザーの触り心地は手に馴染みやすく、インテリアのアクセントにもなるオススメの逸品です。
 
会員登録すれば500ポイント付与

コンプリートカーもある!

Hearts ヴェルファイアのインテリア / ©️モタガレ

ハーツの母体であるFeelでは、ハーツのドレスアップパーツを装備した30系アルファード・ヴェルファイアのコンプリートカー販売も行なっています。

車両購入時にまとめてカスタムパーツが取り付けられていることで、作業工賃的にも安く済み、結果的に1つ1つ装着するよりも安く購入できるのです。

今回ご紹介したエアロパーツを装着済みのコンプリートカーも購入可能なので、これからアルファード・ヴェルファイアの購入を検討されている方は是非参考にしてみて下さい!
 
コンプリートプラン3 Newスタイルエアロパッケージ
●装着パーツ
アルパイン11型BIG-Xナビ
アルパイン12.8型リアフリップダウンモニター
アルパインナビ連動バックカメラ
アルパインナビ連動ETC
(※上記までで500,000円)
フロアマット 78,000円
サイドドアバイザー 30,240円
シフトゲートイルミネーション 9,504円
インナードアLEDイルミネーション 3,780円
フロントフリッパー 37,584円
サイドフリッパー 64,800円
リアサイドフリッパー 37,800円
塗装費 129,600円
21インチアルミホイールタイヤセット 280,000円
MCLレザーシートカバー 116,640円

オプション総額:1,431,674円(税別)

●車両価格
5,390,000円
(アルファード2.5S-Cパッケージベース)
(ヴェルファイア2.5Z-Gエディションベース)

ショップ情報

Hearts事業部(パーツ販売)
住所:〒577-0816 大阪府東大阪市友井5-6-36
TEL:06-4307-7177
Email:info@hearts-hiace.jp
Webページ:http://www.hearts-hiace.jp/
 
Feel(中古車・コンプリートカー販売)
住所:〒577-0816 大阪府東大阪市友井5-6-36
TEL:06-4307-7770
Webページ:http://www.feel-hiace.com/

【Hearts】まとめ


今回はハイエース・キャラバンカスタムを得意としているハーツからリリースされた、アルファード・ヴェルファイア(30系後期型)向けのエアロパーツとカスタムパーツをご紹介しました!

純正でも十分カッコいいエアログレードのアルヴェルに、ハーツが考える純正の良さにプラスしたカスタムを加えることで、大人しめながらも見ていて飽きが来ないデザインを与えることができます。

インテリアも、ハイエースやキャラバンを知り尽くしたハーツのノウハウが活かされており、純正の内装にマッチした質感と利便性が良くなるので、もっとドライブが楽しくなるはず!

アルファード・ヴェルファイアを便利・快適にするカスタムパーツはまだまだあるので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね!

アルファードのカスタムパーツはコチラからチェック!
ヴェルファイアのカスタムパーツはコチラからチェック!
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!