ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
剛性アップで差を付ける!?レイル流走れるスイフトスポーツ(ZC33S)のチューニングとは?

剛性アップで差を付ける!?レイル流走れるスイフトスポーツ(ZC33S)のチューニングとは?

デビューからスポーツ走行を楽しむオーナーが多かったZC33S型のスイフトスポーツですが、神奈川県横浜市のパーツメーカー『レイル』もスイフトスポーツチューニングをいち早く取り掛かったメーカーのひとつ。

腕自慢がこぞって筑波サーキット・コース2000でそのタイムを競い、切磋琢磨し合っていますが、新型スイスポをラジアルタイヤで1分4秒台に突入させたのがレイルでした。

今回はそんなレイルが所有するデモカーをご紹介。レイル流の走れるスイスポづくりを学んでみましょう。

筑波1分4秒台に踏み込んだデモカー

 

ZC33S型が発売されてから、1年が経とうとしていますが、スイフトスポーツを手掛けるショップやメーカーの精力的な開発によって、そのたった1年で驚くほどの速さを身に付けるに至っています。

現在、筑波サーキット・コース2000では、ラジアルタイヤで1分4秒台を記録するデモカーが何台かおり、ここで紹介するレイルのデモカーもその1台。



それどころか、初期段階で1分4秒台に突入したのが、このクルマだったのです。
 

各部ディテール紹介



そんな速さを生み出すクルマの仕様は、足まわり、LSD、ブレーキ、ECU、そしてレイルならではのボルトオン補強パーツなどが主な変更点。


足まわりは、KYBベースのオリジナル車高調で、スプリングはフロント14㎏/㎜、リア12㎏/㎜とサーキットを見越したややハードなレートをセット。

また、ロアアーム補強、ブッシュ類はピロブッシュに変更されるなど、サーキット走行に必要な部分にはしっかり手が入れられています。

  
エンジンはオリジナルのエアクリーナー、フジツボのマフラーなど吸排気系に加え、ECUによるブーストアップ。
出力は実測で160psに達しています。

そして、やはりレイルと言えば見逃せないのが補強バー。



前後のタワーバーや、フロアバー、ピラーバーなど、全部で7種類が装着されていますが、これらはもちろん、補強によって高い効果が得られる部分に設定されています。

ZC33スイフトスポーツは驚くほどの軽さが自慢ですが、反面、競技などで使うには、剛性が不足気味な部分もあり、簡単に取り付けられる補強バーでも体感できる効果が得られると言います。

レイルではZC33でダートトライアルに参戦していますが、競技車両の製作、競技への参戦で得られたノウハウをベースに、こうしたパーツの開発が行われているので、これもまた必要に応じて用意されたパーツと言えるでしょう。

タイムアタックの定番銘柄、ヨコハマタイヤの『ADVAN A052』にAPレーシングのキャリパーでストンピングパワーを強化。


補強パーツは高い効果が得られますが、強度が高まったボディに合わせて足まわりやLSDをセッティングしていることも、このクルマの速さの要因です。

とりわけ厳しいという最終コーナー対策に、リアのスプリングレートアップ、ウイングの装着なども検討されており、それらの追加変更で3秒台突入は間違いないだろうとのことですが、より速いタイムを刻むため、ターボをブリッツ製のキットへ変更。



ECUのセッティングがまだなので、取材時点では本領発揮できる状態になかったものの、セッティングが終われば180ps程度のパワーとなる予定。
どれだけのタイムが刻まれるのか、要注目です。

サーキットでの速さをひとつの指標に開発が続けられてきましたが、ユーザーからかけ離れたクルマになっては意味がないので、タービン交換で大きいチューンアップはひと段落の予定。
しかし、開発の手は止まらず継続して商品開発をおこなうとのこと。
このクルマが歩んだステップを真似すれば、同じ速さが得られる参考になる1台です。

※2019年3/17に筑波サーキット・コース2000でおこなわれた「ハイパーミーティング」内走行枠にて1分3秒396というレコードを記録。
取材後、タービン交換や足回りのセッティングの見直し、空力パーツも導入してのタイムですが、ZC33Sの公式記録にて3秒台に突破したのは、レイルが初の快挙です。
 

また、インテリアパーツが充実しているのもレイルの特徴の一つ。現在ZC32S用として発売しているリバースノブも、実はZC33Sにも流用が可能です。
※純正シフトノブとの併用はできないためシフトノブもレイル製に変更する必要があります。

今後もパーツ展開に目が離せませんね。

各パーツの詳細はコチラから

 

ショップ情報

レイル

住所:神奈川県横浜市戸塚区平戸町335
TEL:045-824-1835
FAX:045-824-1652
E-mail:customer@laile.co.jp
HP:http://laile.co.jp/

次のページで写真をもっと見る!



text:Masamichi Okutsu / photo:Takanori Arima

この記事をシェアする!