ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
こんなクルマ2度と出ないかも!?ホンダビートを知れば知るほど今こそ欲しくなる!!

こんなクルマ2度と出ないかも!?ホンダビートを知れば知るほど今こそ欲しくなる!!

昨今のスマートフォンやPCなどデジタル家電に囲まれた私たちは、どこかアナログさを求めている風潮もあります。
音楽レコードに懐古する風潮もある現代で、あえてアナログなクルマで運転の楽しみを感じてみるのはいかがでしょうか?
1990年代初頭に登場した通称「ABCトリオ」と呼ばれる、オートザム(マツダ)AZ-1、ホンダ ビート、スズキ カプチーノの3台は適度にアナログで、なおかつ軽なので維持費も安い上に、中古相場的にも狙い目。
そんなABCトリオの中でも、“高回転まで回るNAエンジン”を“ミッドシップ”に搭載し、“オープン2シーター“のボディを持つという、趣味性のカタマリのようなビートを専門的に取り扱う、所沢にある「ポジションオートサービス」の碇谷さんと共に、現代でビートに乗ることについてお勉強していきましょう!

Text : Koichi KOBUNA
Photo : Takanori ARIMA

そもそもビートとはどんなクルマ?




ホンダ ビートは1991年5月に発売がスタートした軽自動車で、8100回転で64馬力の最高出力を発生させる高回転型のE07A型直列3気筒SOHC自然吸気エンジンをミッドシップに搭載し、5速MTを組み合わせたモデルです。

特別仕様車はいくつかリリースされましたが、パワートレインはすべて共通となっています。

ルーフ部はひとりでも開閉が容易な手動ソフトトップを採用し、手軽にオープンエアモータリングを楽しむことができるのも魅力のひとつでした。

そしてビートの一番の魅力はそのシンプルだからこその運転の楽しさでしょう。

低速で交差点を曲がるだけでもニヤけてしまうというそのフィーリングは、最近のように電子制御満載の車両とは異なり、ドライバーの操作に素直に呼応するもの。

そんな運転の楽しさこそが多くのユーザーをとらえて離さない一番の要因なのかもしれません。

限られた軽自動車枠内に収めつつ正しいドライビングポジションを実現するために、センタートンネルごと25mm助手席側にオフセットしていることからもドライバーズカーであることがお分かりになることでしょう。

そんなビートは1996年に販売を終了するまでに34000台弱が生産されましたが、その半数以上が現在も現存していると言えば、どれだけ愛され続けているモデルかがお分かりいただけるのではないでしょうか?

中古ビートを狙うときの注意点とは



今回はビートをメインに扱うポジションオートサービスの碇谷さんにビートについての注意点をお伺いしました。

碇谷さんによると、生産終了からすでに20年以上が経過したモデルにも関わらずビートはまだまだ部品の供給が豊富とのこと。

さらに、2017年からは一部絶版パーツの再生産がホンダからアナウンスされ、今後は今まで以上に維持がしやすいモデルになるのではないかというお話でした。


高スペックな軽自動車と言えば大半がターボエンジンモデルですが、ビートはNAエンジンです。

つまり、基本的には致命的なトラブルは出にくいそうで、定期的なオイル交換などのメンテナンスさえしっかりしておけば長く楽しめるそうです。




オープンモデルということで、幌の劣化による雨漏りなどは避けられないところですが、現在も部品の供給はされており、ウェザーストリップまで含めた一式のリフレッシュでも15万円前後で可能ということなので、これからオーナーになる人も、すでにオーナーの人も安心できるポイントですね。


屋外駐車で幌の劣化、雨漏れが心配という人には、ポジションオートサービスがオリジナルでリリースしているハーフボディーカバー(幌カバー)がオススメ。




少量生産ゆえ、生地の値段で価格が変動してしまうとのことですが、それでも1万円以下で購入できるこのカバーは、同様の他の製品と比べても高品質なところが自慢だそうです。



ビートの幌の鋲を生かした固定方法なので、簡単に脱着可能で見た目もスッキリ。

これも専用設計だからなせる技ですね。


ボディについてはミッドシップということで左右にエアインテークダクトが備わっているのですが、そこから水が入ることがあるとのこと。

通常であれば水抜き穴から抜ける構造になっているのですが、ここにゴミなどが詰まってしまうと水が溜まり、サイドシルなどを腐食させてしまう恐れがあるので、注意が必要だとか。





話を伺えば伺うほど、とても20年以上前のモデルとは思えないほど、意外と現代でも普通に乗ることができちゃうビート。

今の完成された自動車に慣れた方には、ビートのようなアナログなクルマには新鮮味を感じることができるでしょう。

しかし、それこそが本来の"運転"の楽しみと言えるのではないでしょうか。

とは言え、やはり最新のモデルに比べると不測のトラブルや部品供給の悪さは心配なところ。

そのあたりが気になる方は、スペアパーツも多くキープし、ビートの酸いも甘いも知り尽くしたポジションオートサービスさんに相談してみるのも一つの手と言えるかもしれませんね。

ちなみにポジションオートサービスでは、だいたい30万円前後で購入可能なビートを販売しているそう。

モタガレをご覧の方ならば、「こんなにお手頃なの!?」と驚いたと同時に、趣味のセカンドカーとして欲しくなってきたのではないでしょうか?

ショップ情報

POSITION AUTO SERVICE有限会社
(ポジションオートサービス)
住 所:〒359-0015 埼玉県所沢市日比田110-1
TEL:04-2951-5050
MAIL:info@position-as.com
営業時間:10:00~20:00 
※営業時間内でも不在の場合がございますので、ご来店の際には一度お電話にてご確認下さい。
定休日:不定休
ホームページ:https://position-as.com/
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!