ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)とは

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ガヤルドは、2000年代初頭、ランボルギーニが久々に送り出した新作スポーツカーです。

2003年にスイス ジュネーブで行われたモーターショーで初披露されたのち、市販化。

日本でも同じく2003年に、輸入・販売が開始されました。

フラッグシップを務めてきた「ディアブロ」、「ムルシエラゴ」の弟分で、コンパクトでありながらもスーパーカーのパフォーマンスを秘めたクルマに仕上げられています。

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)最大の特徴は「イタルデザイン」スタイリング

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング2出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ガヤルドが持つ最大の特徴は、スタイリングです。

イタリアの自動車デザイン会社「イタルデザイン」により、スポーティなシルエットとなっています。

フロントからリヤまでシャープに削り取られた造形と、エアインテークが大きく開けられたフロントマスクは、最高の走りを披露するために作り込まれたデザインで、イタリアンスーパーカーの模範となるクルマとして誕生しました。

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)オススメポイントその1:アルミスペースフレーム

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング3出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ガヤルドでオススメしたい1つ目のポイントは、ボディ設計です。

ランボルギーニのラインナップでは初の、「アルミスペースフレーム」が採用されました。

当時グループ企業であったドイツの大手メーカー、「アウディ」により製作され、単体では250kg程度の軽量かつ高剛性なフレームを実現しています。

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)オススメポイントその2:V型10気筒エンジン

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング4出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ガヤルドでオススメしたい2つ目のポイントは、エンジンです。
最高出力500馬力オーバーの、5リッター(5000cc)V型10気筒エンジンを搭載。
6速マニュアルトランスミッションおよびパドルシフト付6速シーケンシャルのいずれかと組み合わされ、本格レーシングカーに近い爆発的な加速と走行性能を味わえます。

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)オススメポイントその3:ミッドシップ4WDシステム

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング5出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ガヤルドでオススメしたい3つ目のポイントは、4WDシステムです。

エンジンを車体中心部に近い位置へ配置したミッドシップレイアウトに、四輪駆動システムを組み合わせています。

ESP(ビークルスタビリティマネージメント)やABS(アンチロックブレーキシステム)など、4WDシステムを支える万全の機能が揃えられているのです。

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)オススメポイントその4:ヒンジ式横開きドア

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング6出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ガヤルドでオススメしたい4つ目のポイントは、ヒンジ式横開きドアです。
ランボルギーニで多々使用されている「シザードア」や「ガルウイング」ではなく、ヒンジ式横開きドアが採用されました。
ランボルギーニでは珍しいヒンジ式ドアモデルで、ひと味違うランボルギーニを楽しめるのです。

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)オススメポイントその5:ハイスペックモデル「LP560-4」

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング7出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ガヤルドでオススメしたい5つ目のポイントは、スペシャルモデル「LP560-4」です。

2008年のマイナーチェンジで設定されたハイスペック仕様で、エクステリアデザインの変更や排気量の拡大による、エンジンのパワーアップが施されました。

搭載されている5.2リッター(5200cc)エンジンは最高出力560馬力と、抜群のパワーを秘めるスペシャルモデルです。
 

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)の中古車相場

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング8出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

2020年9月現在の、ランボルギーニ ガヤルド(GECEH系)中古車価格は、以下のとおりです。

最低価格:848万円(2020年9月時点)
最高価格:1900万円(2020年9月時点)
平均価格:1340万8000円(2020年9月時点)

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)の維持費

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング9出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ランボルギーニ ガヤルド(GECEH系)の、1年間にかかる維持費は、いったいどの程度なのでしょうか。計算してみました。

ガソリン代


使用燃料はプレミアムガソリン(ハイオク)で、140円/Lと仮定して計算しています。

ガヤルドのグレード LP560-4(5.2リッター、MR、AT仕様)の実燃費は平均5.33km/Lです。
(参照:https://minkara.carview.co.jp/car/lamborghini/gallardo_coupe/nenpi/


この項目では、1年間の走行距離を9000kmと仮定します。

【ガソリン代計算式】
1.689(L)×140(円、ガソリンの値段)=236,397(円、年間のガソリン代)

ガヤルドを1年間使用した場合のガソリン代は、年間9000km程度の走行で約110,000円程度と考えておきましょう。

自動車税

日本の自動車税は搭載されているエンジンの排気量で区分けされており、ガヤルドの場合は「自動車税」に分類されます。

ガヤルドのグレード LP560-4(5.2リッター、MR、AT仕様)は、以下の金額が課税されます。

自動車税(4.5リッター超 6リッター以下):88,000円

その他諸々の費用


ガソリン代や自動車税以外で、ガヤルドにかかる費用を挙げてみました。
項目 費用
車検費用
・基本料金
・法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代)
122,340円
任意保険(主な条件)
・新規契約
・30歳以上
・ゴールド免許
・運転者・記名保険者とその配偶者に限定
・年間走行距離 9000km以下
・人身傷害:3,000万円(車内のみ補償型)
・対人対物賠償無制限
・車両保険なし
65,000円

ガヤルドの年間維持費は約51万円

ガヤルドの年間維持費は511,737円です。
ガソリン代 236,397円
自動車税 88,000円
車検費用(基本料金+法定費用) 122,340円
任意保険 65,000円
合計 511,737円
車検費用については自家用乗用車の場合、2年に1度の法的義務があるので、参考程度にしてください。

車検費用のうち法定費用は、車種を問わず固定でかかってくる部分なので、把握しておく必要があるでしょう。

また、任意保険は、条件により金額が異なるので注意が必要です。

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スペック紹介

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング10出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ランボルギーニ ガヤルド(GECEH系)のスペックを簡単に紹介します。
 
全長 4.345mm
全幅 1.900mm
全高 1.165mm
排気量 4961~5204cc
駆動方式 4WD/MR
乗車定員 2名

まとめ

ランボルギーニ・ガヤルド(GECEH系)スタイリング11出典:https://www.lamborghini.com/jp-en​​​​

ライト イタリアンスーパーカーとして人気を博した、ランボルギーニ ガヤルド。

中古車相場も、いまだに高値で取引される人気車種です。

生産終了となっているので、購入するならお早めに!

イタリアンスーパーカーを味わうなら、ガヤルドがオススメです!

この記事をシェアする!