ジムニーJB64カスタム大全集

新型ジムニーをいち早くカスタム 日本全国の四駆マスターが魅せる

2019年4月現在納車1年待ちとも言われるJB64型ジムニー。
街でチラホラ見るようになったところではあるものの、まだまだ市場には行き渡っていない。
しかし、そんな状況にも関わらず、フルカスタムを施すチューナーが現れた。
生粋の四駆野郎達の息吹を感じるジムニーカスタムをしかと見よ。

老舗が作るジムニーの世界観

老舗が作るジムニーの世界観

ジムニーを知り尽くした匠が織りなす技
足はもちろん、内装にも拘る

まずは足、ジムニーをあげる

まずは足、ジムニーをあげる

ジムニーのファーストカスタムと言えばリフトアップ
乗り心地や車検を心配せず
ちょうどいい塩梅のアゲを実現する

とにかくタフに、それがジムニー

とにかくタフに、それがジムニー

タフで愛らしい、それがジムニーらしさじゃなかろうか?
タフさを演出するボディパーツも無限大
自分らしいジムニーを作る

キャリアがここまで似合うクルマは他にあるだろうか

キャリアがここまで似合うクルマは他にあるだろうか

軽自動車のウィークポイントであるラゲッジスペースも
ルーフボックスでカバー
溶け込み方はジムニーならでは
あえて装着したくなる

オフロードとともに

オフロードとともに

ジムニーの本質はオフロードにあり
実戦で使えてなんぼのパーツが選ばれる
ジムニーオーナーの期待を形にした一品

サーキットも走れる戦闘力

サーキットも走れる戦闘力

アゲてオフを走ることがジムニー本質ではあるけれども
実はチューニング次第でサーキットも走れる戦闘力を発揮する

日本全国のこだわりのチューナーが手がけたJB64ジムニー

  • 新型ジムニーの都会派エアロ!ガレージ・ベリーのJB64チューニングに迫る!

    GARAGE VARY

    マツダ・ロードスターなどマツダ車を中心に、ホンダ、スズキ、日産、トヨタなど各メーカーの車種に対応したエアロパーツの製造販売を行う『ガレージ・ベリー(埼玉県和光市)』。 そんな同社から、早速新型ジムニー用のエアロパーツもリリースされた。 派手じゃなくとも、確かな存在感でJB64ジムニーのエクステリアをひき締めるガレージベリーのデモカーは、エアロカスタムの極意を感じられる仕上がりとなっていた。

  • 新型ジムニーはRVらしくあれ!ワイルドグースのJB64チューニングの魅力とは?

    RV4 Wild Goose

    神奈川県厚木市の『RV4ワイルドグース』は、長年『日本ジムニークラブ(JCJ)』の会長を務めた、ジムニー界の第一人者 二階堂裕が手掛けるショップだ。 あくまで走りに特化した質実剛健なスタイルは、ジムニーカスタムの老舗らしい仕上がりとなっている。 そんな、ジムニーの醍醐味を存分に楽しめるワイルドグースのデモカーにフォーカスを当ててみよう!

  • 新型ジムニーを使い勝手はそのままで性能をアップ 老舗ショップモトレージのステディなカスタム

    MOTORAGE

    モトレージは1983年に神戸でオープンした、4WDの老舗ショップ。 代表の岡本氏はキャメルトロフィをはじめ、数々のラリーレイドへの参戦歴をもち、オリジナルブランド『TERRA』のパーツには、そのノウハウがしっかりと息づいています。 『4WDは、人が生き抜くために在るクルマ』をモットーとし、イザという時に使えない、性能を下げるカスタムを絶対にしないというのがモトレージスタイルです。 このJB64に装着されたパーツも、施されたカスタムも、すべてはパフォーマンスを高めるためにあります。

  • パーツは実走を行い開発するのがモットーのジムニーパーツメーカーハイブリッジファーストが手がけたロクヨン

    High Bridge First

    街乗りや高速走行、レースまで実走を行い、誰もが体感できる完成度の高いパーツのみを扱う『ハイブリッジファースト』。 性能を左右するパーツの開発は、自社で完備するオフロードコースでのテストや、競技に参加するトップドライバーをサポートし、そのフィードバックを受けてさらに完成度を高めていく本気度の高いパーツメーカーだ。 しかし、オフロードやレース専用というわけではなく、基本はストリートでの乗りやすさを最重視している。 パーツの性能や精度の高さにコダワルなら、間違いなくこのブランドがジャストだ。 Text: Isao Katsumori Photo : Yukio Yoshimi

  • 四国のジムニーマスター アウトクラスカーズが展開するコンプリートカスタム

    OUT CLASS

    東京オートサロン2019では、様々なモディファイが施された新型ジムニーが多数展示された。 その中でも、新型ジムニーの特徴でもある「どことなくレトロな雰囲気」を前面に押し出したスタイリングで話題となったのが、「アウトクラスカーズ」のジムニーコンプリートカーだ。 徳島県徳島市でスズキの副代理店「スズキコンプリート徳島」を経営する同社は、昨年、スズキ新車販売の表彰式で軽四輪部門四国ブロック賞を獲得。 前述の東京オートサロン2019出展で話題になり、ジムニーやエブリィのリフトアップ新車コンプリート車両の受注が激増している今注目するべきプロショップである。

  • ジムニーカスタムのエキスパート タニグチが提案する、 個性第一主義のニュースタイル

    OFF ROAD SERVICE TANIGUCHI

    ジムニー一筋に35年以上。オフロードサービスタニグチは文字通りジムニーカスタムのエキスパートショップだ。 新型ジムニー用のパーツも、車両が発売されるやいなや速攻でリリース。 その後も続々開発し、足回りやLSDといったオフローダーのための本格チューニングパーツから、ジムニー女子を意識したカジュアルなドレスアップ用品まで、バリエーションは実に多彩だ。 デモカーには、そんな豊富なJB64のカスタムパーツをほぼフル装備。 それは「オンもオフも、ディープもライトも問わず、個性第一で楽しむジムニーカスタムの新しいカタチ」。 多彩なパーツが揃う、タニグチだからこその提案だ。 Text : Isao Katsumori Photo : Yukio Yoshimi

  • ジムニーカスタムは信頼のサブディーラー仕立て。 ショウワガレージは都会と自然をつなぐアシに最適なスタイリングを提案

    Showa GARAGE

    ショウワガレージは、ジムニーベースのコンプリートカーも販売する、スズキのサブディーラー。 カスタムしても車検で困ることはなく、保証修理もスズキのディーラーと同様に受けられる。 オリジナルパーツの開発にも意欲的で、新型ジムニー向けのパーツは今後も続々ラインナップ予定だ。デモカーは、JB64のキャラクターを生かしたオンロード志向の作り込みで、街乗りはもちろん高速道路を使う遠出もラクラク。渓流釣りやハンティングといった、アウトドア派のアシとしても絶好の仕上がりを見せる。 Text : Isao Katsumori Photo : Yukio Yoshimi

  • 目指せ最速のJB64!?異色のシャコタンカスタムジムニーと言えばレインボーオート!

    Rainbow Auto

    ジムニーでのサーキットアタックに力を入れている千葉県柏市のショップ『レインボーオート』を皆さんはご存知だろうか? 『ジムニースーパーラップ』というタイムアタックイベントを主催していることからも、その力の入れ方は想像に容易い。 数ある新型ジムニーのカスタムカーの中でも、かなり異色なレインボーオートのデモカー(通称:シャコタン)を詳しくご紹介しよう!

  • 新型ジムニーの新境地!?アーバンに乗りこなしたい『DAMD little G.』

    DAMD

    リリースされて間もなく1年を迎えようとしている現行JB64W型ジムニー。 デリバリーも進んだのか、街中で見掛ける機会も増えてきた。 それに伴ってオーナーごとの好みや個性を反映させるカスタムも盛り上がりつつある。 今回は老舗エアロパーツブランド、「DAMD」が発売を開始したAMG G63をオマージュしたボディキット『little G.』にフォーカスしてみよう。 Photo : Takanori ARIMA / Text : Masamichi OKUTSU