ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
新型ジムニーの都会派エアロ!ガレージ・ベリーのJB64チューニングに迫る!

新型ジムニーの都会派エアロ!ガレージ・ベリーのJB64チューニングに迫る!

マツダ・ロードスターなどマツダ車を中心に、ホンダ、スズキ、日産、トヨタなど各メーカーの車種に対応したエアロパーツの製造販売を行う『ガレージ・ベリー(埼玉県和光市)』。

そんな同社から、早速新型ジムニー用のエアロパーツもリリースされた。

派手じゃなくとも、確かな存在感でJB64ジムニーのエクステリアをひき締めるガレージベリーのデモカーは、エアロカスタムの極意を感じられる仕上がりとなっていた。

細かなパーツでも、確かなクオリティが特徴


マツダ・ロードスターなどマツダ車を中心に、ホンダ、スズキ、日産、トヨタなど各メーカーの車種に対応したエアロパーツの製造販売を行う『ガレージ・ベリー(埼玉県和光市)』。

「より良いものをより高いクオリティーで」という基本理念に沿った、高品質な自動車用外装パーツをラインナップしている。



ガレージ・ベリーではこれまでもジムニー用のパーツとしてJA11やJB23用のオーバーフェンダーを商品化してきたが、この度、新型ジムニー・JB64のデビューに合わせて、より本格的に対応商品を開発した。

同社には4つのブランドがあるが、その中でもJB64用のアイテムは、存在感溢れるスタイリングと優れた機能との高度な両立を目指した『VARY VALIANT』からの発売となる。
 

各部ディテール紹介



新型ジムニーはこれまでと同様に「本格的な4WD能力」を秘めたSUVで、伝統をうまく昇華した機能性溢れるデザインも評判が高い。

だが、JB64で最も進化したのは「オンロードでの乗り味」がさらに良くなったことだ。

実際には多くのユーザーが街中で使用することを考えると、これは嬉しい進化である。

そのため、ガレージ・ベリーのジムニーのパーツも、むやみに機能性ばかりを押し出さず、「ストリートでカッコよく」乗れることを大切にしている。

それではパーツを詳細に見てみよう。




まずはジムニーカスタムの定番、オーバーフェンダーから。

かなり出っ張っているように見えるが、優れたデザインによって全幅9mmオーバーに収めている。

無骨な雰囲気を醸し出すリベットも、立体的に造形されたリベットデカールによるもの。

つまりこのオーバーフェンダーは、穴あけ加工なく手軽に装着が可能である。

※車検時はビス留め推奨

- スキッドバンパー

- リアリーフスポイラー

フロントバンパー下部のスキッドバンパー、そしてリアゲートに装着されるリアルーフスポイラーは、「ジムニーのノーマルバンパーとリアスポは、そもそもこれ」と言われてもおかしくないほどに、ジムニーのデザインにマッチングしている。


- ナンバーステー


そして注目はナンバーステー。
新型ジムニーのナンバープレートはセンタリングしているのだが、これを好みの場所に移動できる。

実車を見ると、ナンバープレートをオフセットするだけで、見た目の変化が大きいことに気がつく。

お手頃価格で効果的なカスタムが可能なアイテムである。



内装パーツも用意される。

・ドリンクホルダーブラックアルマイト


・ドリンクホルダークリアーアルマイト


アルマイト加工済みのドリンクホルダーは純正のボルト穴を使用するため加工が不要でドリンクの滑り止めシートも付属する。



メーターフードにフィットするウレタン製トレイも、小物入れが少なめな新型ジムニーには有り難いパーツ。

こちらも取り付けの際加工が不要なのは嬉しい。

新型ジムニーのインテリアの魅力をさらに引き出し、かつ実用性も高いガレージ・ベリーのジムニー用内装パーツは是非とも手に入れたいところ。

ガレージ・ベリーのパーツを実際に目にして思うのは、まるで純正部品のような仕上がりの高さと、ベースのクルマに取り付けた際にも違和感が起こらないデザインの良さだ。

デモカーはさらにTEAM64LABOのサスペンションやショックアブソーバー、ラテラルロッドで足回りもカスタマイズ。

・2インチアップ デモカー装着モデル

・1インチUP

・強化スプリング



ジムニーを都会派のクールなシティラナバウトに変身させ、新しい魅力を引き出すことに成功している。
 

パーツの詳細情報はコチラから!

 

 

ショップ情報

ガレージベリー

住所:〒351-0111 埼玉県和光市下新倉5-18-21
TEL:048-469-1708
FAX:048-469-1709
HP:http://vary.co.jp/

次のページで写真をもっと見る!


text:Izuru ENDO / photo:Takanori ARIMA
 

フォトギャラリー








 

あわせて読みたい

この記事をシェアする!