ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中

日産・スカイライン(V35型)とは

日産・スカイライン(V35型)スタイリング1出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

スカイラインは、日産自動車がプリンス自動車から歴史を受け継いだモデルです。

2020年現在は13代目 V37型となり、生産が続けられていて、およそ60年もの伝統を持っています。

2001年に登場したV35型は、型式のアルファベットが「V」に変更されました。

21世紀に突入したと同時に、新たな歴史を作るべく生まれたのです。

日産・スカイライン(V35型)はどのような場面で活躍するクルマか

日産・スカイライン(V35型)エンジン1出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

V35型スカイラインは、通勤や買い物だけでなくドライブや、旅行と幅広いシチュエーションで活躍するクルマです。

その理由は「エンジン」にあります。

V35型スカイラインは、シリーズ史上初のV型6気筒エンジンを採用。

歴代モデルで採用されていた直列6気筒が変更されました。

(直列エンジンの特徴)

  • シリンダーをタテに並べて配置するので、フロントノーズが長くなる傾向がある。
  • 構造が簡易なので生産コストは安く済む。

(V型エンジンの特徴)

  • コンパクトなサイズで、多くのシリンダーを配置してクルマの重心を低く抑えられてフロントノーズを短くできる。
  • シリンダーの配置が複雑なため、生産コストが高くなる。

V型エンジンを搭載してコンパクトかつ軽量、フロントノーズが短くなったことでコーナリング性能が向上。

カーブの多い山坂道で抜群の安定感を実現し、ドライビングを手軽に楽しめるクルマに仕上がっています。

日産・スカイライン(V35型)のオススメポイントその1:曲線美を意識したスタイリング

日産・スカイライン(V35型)スタイリング2出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

V35型スカイラインでオススメしたい1つ目のポイントは、スタイリングです。

V35型のスタイリングは曲線を織り交ぜて、空力性能を意識したデザインに変化しました。

10代目 R34型のボディ形状からウインドウガラスまで角張った直線の多いデザインとは異なり、新しいスカイラインのイメージを作り出したのです。
 
会員登録すれば500ポイント付与

日産・スカイライン(V35型)のオススメポイントその2:多彩なトランスミッションが用意された3.5リッターモデル

日産・スカイライン(V35型)スタイリング3出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

V35型スカイラインでオススメしたい2つ目のポイントは、トランスミッションです。

特に、セダンの3.5リッターモデルには、MT、AT、CVTのトランスミッションが採用されました。

日産・スカイライン(V35型)のオススメポイントその3:「フロントミッドシップ」レイアウトを採用

日産・スカイライン(V35型)スタイリング4出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

V35型スカイラインでオススメしたい3つ目のポイントは、最適化されたボディバランスです。

V35型スカイラインは、日産が新たに開発した「FR-Lプラットフォーム」を採用しています。

エンジンを後ろに配置する「フロントミッドシップ」レイアウトを取り入れ、車体の重量バランスを改善。

重量に偏りが無く、ステアリング操作でレスポンスの良さを発揮できるメリットがあります。

日産・スカイライン(V35型)のオススメポイントその4:新設計で軽量化されたサスペンション

日産・スカイライン(V35型)サスペンション出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

V35型スカイラインでオススメしたい4つ目のポイントは、サスペンションです。

フロントとリヤ両方に「マルチリンクサスペンション」を採用。

複数のアームに分割することで、サスペンションの可動域を拡大している形式です。

V35型では歴代モデルのマルチリンクサスペンションを差し替えて新設計とし、軽量化を実現。

軽快なコーナリングを楽しめるように仕上げられました。
会員登録すれば500ポイント付与

日産・スカイライン(V35型)のオススメポイントその5:追加設定されたクーペ

日産・スカイライン(V35型)クーペ出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

V35型スカイラインでオススメしたい5つ目のポイントは、追加設定されたクーペスタイルです。


クーペは2003年に登場。セダンより1年以上遅れたデビューとなりました。

セダンと同様のプラットフォームやエンジン、サスペンションが与えられたほか、クーペ専用に設計されたボディによって、滑らかなスタイリングを実現。

セダンで積み上げた信頼性を応用し、高性能で走りを楽しめるクーペに仕上がっています。

日産・スカイライン(V35型)の中古車相場

日産・スカイライン(V35型)コクピット出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

2020年6月現在の日産・スカイライン(V35型)の中古車相場は、以下のとおりです。

最低中古価格:7万5000円(2020年6月時点)
最高中古価格:99万9000円(2020年6月時点)
平均価格:27万8000円(2020年6月時点)

日産・スカイライン(V35型)の維持費

日産・スカイライン(V35型)エクステリア4出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・スカイライン(R34型)の、1年間にかかる維持費はいったいどの程度なのでしょうか。

この項目では、スカイラインのグレード セダン250GT(2.5リッター・4速AT仕様)を例に、維持費を計算してみました。

ガソリン代

使用燃料はプレミアムガソリン(ハイオク)で、140円/Lと仮定して計算しています。

スカイラインのグレード セダン250GT(2.5リッター・4速AT仕様)の実燃費は平均で8.13km/Lです。
(出典:https://e-nenpi.com/enenpi/cartype/1457

この項目では、1年間の走行距離を9000kmと仮定します。

【ガソリン代計算式】
1,111(L)×140(円、ガソリンの値段)=155,540(円、年間のガソリン代)

スカイラインを1年間使用した場合のガソリン代は、年間9000km程度の走行で約160,000円程度と考えておきましょう。

自動車税

日本の自動車税は搭載されているエンジンの排気量で区分けされており、スカイラインの場合は「自動車税」に分類されます。

スカイラインのグレード セダン250GT(2.5リッター・4速AT仕様)は、以下の金額が課税されます。

自動車税(2リッター以上、2.5リッター未満):45,000円

その他諸々の費用


ガソリン代や自動車税以外で、スカイラインにかかる費用を挙げてみました。
項目 費用
車検費用
・基本料金
・法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代)
102,410円
任意保険(主な条件)
・新規契約
・30歳以上
・ゴールド免許
・運転者・記名保険者とその配偶者に限定
・年間走行距離 9000km以下
・人身傷害:3,000万円(車内のみ補償型)
・対人対物賠償無制限
・車両保険なし
40,000円

スカイラインの年間維持費は約34万円

スカイラインの年間維持費は342,950円です。
ガソリン代 155,540円
自動車税 45,000円
車検費用(基本料金+法定費用) 102,410円
任意保険 40,000円
合計 342,950円
車検費用については自家用乗用車の場合、2年に1度の法的義務があるので、参考程度にしてください。

車検費用のうち法定費用は、車種を問わず固定でかかってくる部分なので、把握しておく必要があるでしょう。

また、任意保険は、条件により金額が異なるので注意が必要です。
会員登録すれば500ポイント付与

日産・スカイライン(V35型)スペック紹介

日産・スカイライン(V35型)エンジン2出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・スカイライン(V35型)のスペックを簡単に紹介します。
 
全長 4.640~4.750mm
全幅 1.750~1.815mm
全高 1.395~1.485mm
燃費(10・15モード) 8.6~12.0km/L
駆動方式 FR/4WD
排気量 2495~3498cc
乗車定員 5名

まとめ

日産・スカイライン(V35型)エクステリア5出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

V型エンジンやフロントミッドシップレイアウトの採用により、コーナリングの楽しさと安定感を獲得したV35型スカイライン。

中古車市場でも数多くの良質な車両が出回っており、手頃に手に入るモデルとなっています。

初めてのV型6気筒エンジンを搭載したスカイラインで、楽しいドライブを体感してみませんか。
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!