JB64ジムニーを購入するならカスタム済みのコンプリートカーがおすすめ!

JB64ジムニーを購入するならカスタム済みのコンプリートカーがおすすめ!

2018年にフルモデルチェンジをしたJB64Wジムニーの人気は衰え知らずで、アフターパーツメーカー各社からも数多くのカスタムパーツがリリースされています。
アフターパーツだけでも数千個あるジムニーなだけに、どれを選べばいいのか分からない、そんなオーナーもいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はモタガレがお勧めする「普段乗りをもっと快適に楽しめるジムニーのストリートコンプリートパッケージ」として、モタガレのノウハウをもとにカスタムプランをご提案します!
ツボを押さえたカスタムパーツで、ジムニーの走りが劇的に進化し、いつものドライブがもっと快適に楽しくなるパーツがあるんです。

また、モタガレではカスタム済みコンプリートカーとして車の購入からサポートが可能です。
ご予算や追加で装着したいパーツ等柔軟に対応が可能ですので、気になった方はお問い合わせをお願いいたします!

ストリートをカッコよく!快適にするエアロ外装パーツ!

JB64Wジムニーの外観は純正状態でも十分個性的な存在感を放っていますが、使い勝手の部分やちょっとしたカスタムパーツで、純正とはちょっと違う感を演出することができます。

ジムニーは純正で車高が高いため、乗降時に乗り降りし難いと感じるオーナーや同乗者が少なくありません。
踏み台となるサイドステップを装着することで、乗降性を確保することができますが、後付け感を嫌うオーナーにとっては避けがちなパーツとも言えます。
そこで電動サイドステップとすることで、乗降時のみサイドステップが現れ、ドアを閉めると格納されるので、非常に便利でありながらスタイリッシュな見た目を維持することができます。

またJB64ジムニーはJB74ジムニーシエラとは異なり、オーバーフェンダーが純正で装着されていません。
サイドビューがあまりにもシンプル過ぎる、フェンダー周りにボリュームを持たせたいのであれば、オーバーフェンダーの装着がオススメです。
オーバーフェンダー装着時に気をつけたいのが片側9mm幅に抑えられたフェンダーを選ぶことです。(片側10mm以上の拡幅は構造変更申請が必要となるため)
サイドビューのボリューム感を確保しつつも軽自動車規格内に抑えられるので、オススメのカスタムパーツと言えます。

パワーを絞り出すチューニングパーツ!

JB64Wジムニーには、HA36Sアルトワークスと同様のR06A型直列3気筒658ccターボエンジンが搭載されています。
同じエンジンを搭載していると言っても、軽自動車の自主規制馬力である64馬力となっており、700kg前後の軽量なアルトワークスに比べ、1tを超えるボディに大径サイズのタイヤを履くジムニーにとってはパワー不足。

チューニングパーツによるパワーアップカスタムをするわけですが、多くのメーカーから数多くのパーツがありどれを選べば良いか分からないオーナーが多いはず。
そこでモタガレからはハイブリッジファースト製のインテークパーツとサブコンパーツをオススメします。
パワーチャンバー+ミニコンフルセットを装着することで、20馬力アップが見込め、加速時のモッサリ感や重さを感じさせない、トルクフルな走りを実現。多くのユーザーから支持を集め、常にオーダーストップ状態のパーツではありますが、確実なパワーアップを図れるパーツなんです。

サスペンションカスタムで普段乗りをもっと快適に!

ジムニーはサスペンションを柔らかくすることで純正状態での乗り心地を確保していますが、あくまでもそれは量産車体メーカーが市場の最大公約数を対象としているためのマーケティングであり、走りが楽しいか?快適か?という点においては必ずしもそうは言えません。
いわゆる「船を漕ぐ」「船に乗っている」ような乗り心地、とよく表現されますが、それくらいジムニーの純正サスペンションセッティングは柔らかく、運転の仕方によっては車酔いしやすいクルマとも言えます。

もちろん改善する上ではサスペンションセッティングを固くする方向に振ればいいのですが、ただ単に固くするのではなく、適度な硬さを得られるようショックアブソーバーとスプリングを交換することで、クロカン車とは思えないシャキッとした走りや乗り心地が手に入るのです。
サスペンション交換によりハンドリングや乗り心地に変化を与えますが、ジムニーには純正でステアリングダンパーが装着されています。
ステアリングダンパーは走行時の振動を削減し、直進安定性を高めるパーツですが、やはり純正では最低限の役割となっており、社外品に交換することで操舵時の重みが増し、ステアリング操作に安定感が生まれます。

使い勝手を向上させる内装カスタムパーツ!

ジムニーの内装に関しては狭小スペースに最小限の装備としていることから、意外にも不便に感じることが多い1台と言え、カスタムすることを前提とした内装とも捉えられます。
中でもドリンクホルダーの位置に関しては、サイドブレーキレバー後ろのところにあるのみで、ドライバーの体型によっては非常に取り出しにくい部分にあるため、インパネにドリンクホルダーを増設するのが、ジムニーカスタムの定番となっています。

トランクオープナーは、純正のままだと全開状態まで一気に開いてしまうため、スーパーやショッピングモールの駐車場などで後方の壁や他車にぶつけてしまうことも。
オフロードサービスタニグチ製のフリーストップドアオープナーであれば、任意の位置でトランクを止めることができ、狭いスペースで荷物を出し入れする際に重宝する便利パーツです。

【JB64ジムニーを購入するならカスタム済みのコンプリートカーがおすすめ!】特集まとめ

今回はモタガレがオススメする「普段乗りをもっと快適に楽しめるジムニーのストリートコンプリートパッケージ」として、モタガレのノウハウを元にカスタムプランをご提案しました!

JB64Wジムニーは軽自動車の比較的小さい車体でありながら、アフターパーツの数については他車には無いほど多くのパーツがラインナップされており、目移りしてばかりでどれを選べば良いか分からない、そんな声も少なくありません。
今回ご紹介したカスタムパーツは、普段の街乗りや通勤などストリートを走る上でツボを抑えたカスタムパーツで、オフロードや悪路はほとんど走らないけど、ジムニーのスタイリングが気に入って乗っているオーナーにぴったりのカスタムパーツばかり。

オンロードだけでもジムニーは十分に楽しめる1台なので、今まで以上にジムニーでの走りを楽しんだり快適にしたい方は是非参考にしてみて下さい!

また、モタガレではカスタム済みコンプリートカーとして車の購入からサポートが可能です。
ご予算や追加で装着したいパーツ等柔軟に対応が可能ですので、気になった方はお問い合わせをお願いいたします!

JIMNYのカスタムカー

JIMNYのデモカーやカスタムカーをご紹介。デモカーを参考に、あなたなりのJIMNYを作り上げましょう!

  • Goonies One GB Series "Feather Bumper" JB64W JIMNY
  • Goonies One GB Series "Bull Bar" JB64W JIMNY
  • AERO TECH JAPAN RANDO Style JB64 JIMNY
  • Kuhl Racing 64R-GT JB64 JIMNY
  • PRO STAFF ZEAL JB64W JIMNY
  • Dice JB64W JIMNY
  • K-BREAK JB64 ジムニー
  • VENUS G'BASE JB64W JIMNY
  • ESB CLS UP JB64W JIMNY (Over Fender Ver.)
  • ESB CLS UP JB64W JIMNY (Normal Fender Ver.)
  • ESB CLS BARREL JB64W JUMNY (Normal Fender Ver.)
  • ESB CLS BARREL JB64W JUMNY (Over Fender Ver.)
  • エムズスピード EXCLUSIVE ZEUS Body Kit JB64 ジムニー
  • NOBLESSE JB64W JIMNY
  • DAMD JIMNY little B. JB64 ジムニー
  • ESB CLS UP JB23W JIMNY

みんなのJIMNYギャラリー

モタガレユーザーが投稿した、JIMNYです。みんなの愛車を参考に、自分のJIMNYをカスタムしましょう!